ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

パッチン! 蚊退治

 2月10日~3月31日の期間限定でオープンしている「ナンジャタウン×MRプロジェクト」第2弾『一網打尽!蚊取りパッチン!大作戦』(第一弾は『PACK IN TOWN』)。

f:id:netanker:20180217104052j:image

 これは、ナンジャタウンオープン時から存在している人気ライドアトラクション『蚊取り大作戦』をMR技術でリニューアルしているものです。
 福袋8丁目に出現した「見えない蚊」を退治するために香取害虫駆除会社の研究員として、新たに開発された「HoloLens」(マイクロソフト社のMRヘッドマウントディスプレイ)で蚊を発見し、衝撃波を発生させるスペシャルな「手」で退治していくというアトラクションです。

f:id:netanker:20180217101423j:image

 従来の蚊取り大作戦と同じ入口で受付を済ませると、待合室には入らず、その場で社員役のナンジャリアンからゲームの説明があり、HoloLensとアームセンサー、大きな手を装着します。壁にある蚊の絵を見つめて準備完了。いつものように待合室へ...と思いきや、これまで利用したことが無かった秘密の扉が開き、会社の外へ。


 ナンジャリアンの案内で、福袋駅方向に向かうと途中に蚊のマークのある場所に到着。ここが練習ステージになっています。
 HoloLensの画面上には、表示枠があり蚊はこの枠内でしか見えません。ここでの練習でその感覚をつかみましょう。

 練習を終えたら、案内に従って会社に戻り...ここでも、従来の蚊取り大作戦では、一般のフェスタリアンが利用することが無かった扉から、ライド乗り場に向かいます。
 ブタ型ライド、豚平豚子号に乗り込んだら、安全バーはナンジャリアンが下します(大きな手ではバーを自分で下せないので)。

 従来より少し明るめの福袋8丁目内では、リアルの蚊は全て沈黙していますので、見えない蚊だけに専念して退治開始。蚊は正面からだけでなく、左右からも出現します。左右の蚊は画面上の矢印でも案内がでますが、それよりも「蚊の音」に注意するのが良いでしょう。ちゃんと向いている方向に合わせて音の方向も変化します。

 

f:id:netanker:20180217101455j:image

(プレイ中の写真撮影はできないので、説明映像より。実際に装着する「手」もこのくらい大きいです)

 

 プレイ後、モニターでプレイスコアが表示されます。私は89000点でSランクでした。最高スコアは10万点を超えられるのかどうかですね。なお、練習ステージ中の蚊退治でも得点は加算されているので、手を抜かないようにしましょう。

 

 利用は2人までを1組で、練習を一通り終えるまで次の組はスタートできません。そのため短くても1組10分間隔が精一杯のようです。閑散期のいまだからこそ運用できるアトラクションですね(それでも、土日などはかなりの待ち時間になるようで、初日は整理券方式で運用、夕方には受付が終了していました)。

 

 また、HoloLensの特徴ですが、画面の表示範囲が、初めて利用する方には想像より狭いので、慣れるのに時間がかかるかもしれません。また表示範囲を広げようとレンズを顔に近づけすぎると、プレイ中HoloLensがズレて顔にあたってしまったり、ピントが合わなくなってしまったりします。今後のHoloLensの改良、もしくは他の高性能なMRヘッドセットが出てきたら、もっと簡単に没入感を楽しめる様になるのではないかと期待しています。

 

 まだ実験的な要素が大きいですが、ゲームそのものはかなり楽しいので、是非この唯一のタイミングで一度体験してみることをオススメします。

 

  

『MEGASTAR JOURNEY』

 東京タワーフットタウンのB1Fにて期間限定で営業している『MEGASTARJOURNEY(メガスタージャーニー)』を体験。

f:id:netanker:20180211101359j:plain

 『MEGASTAR』と名前についているとおり、同名のプラネタリウムを多数監修している大平貴之さんが監修した宇宙体験型のVRアトラクション。

 手荷物を預けた後、ウェイティングスペースにて、この場所に時空エレベータが出現した理由などのバックストーリーをニュース番組形式で視聴。ここに大平貴之も本人として、また60年前に時空エレベータを開発した大平田博士役で出演しています。

f:id:netanker:20180211101410j:plain

 しばらくして(かなり長く待たされた...)搭乗ゲートへ。ここでVR装置類を装着し、フィールドへ。

 ここからはVR空間で、時空エレベータに乗り込み一気に上昇、宇宙ステーションから宇宙船に乗り込みます。この宇宙船のシーンでは実際の会場の広さよりも広い空間を飛行しているという感覚に没入できる演出があります。 
 宇宙船から月面に降りてからの眺めは、プラネタリウムクリエイターが手がけているだけあって美しい。

 その後に発生する事件によって、この旅は時空を越えた不思議なものになっていきますが、それは体験してのお楽しみ。 
 フリーローム型のVRに慣れた人ほど、あるシーンで「あれ?」と思うことは間違いないでしょう(シンプルな仕掛けですが)。

 HMDはGearVRですが、映像のクオリティはかなり高いです。

 

 さて、コンテンツ自体はかなり素晴らしいものなのですが、事前予約していても混雑時には体験できるまで1時間半ほどの待ち時間がありました。 
 チケット受付までは列が見えるので、待ちを覚悟できたのですが(でも、当日券と予約者が同じ列なので、予約の意味が全くありません)、チケット受付を行ってからのプレショーエリアでの待機で1時間弱、搭乗ゲート前で20分近く待たされました。 
 もしかしたら、システムの不具合が発生していたのかもしれませんが(一部、HMDの交換や再スタートを実施しているのを確認できました)、それについて、待機している人たちには一切説明がありませんでした。 
 あまりの待ち時間の長さで(そして、事前に上着をロッカーに預けるため)、トイレが我慢できなくなって一旦離脱された方も居ました。

 装着物の説明の後、HMDを手渡されるのですが、その際、装着方法と、視力調整の説明はされるものの、「装着は中に入ってから」とは言われずに渡されました。当然、皆その場で被って調整しようとすることになるのですが、その時点になって、「HMDはかぶらないでください」と急に言われたりしました。

 そして一番の問題は、このコンテンツでは音響はヘッドフォンではなく、会場内のスピーカーに寄るものなのですが、体験エリアと、待機エリアの仕切りが仮設壁のため、その音は全て待機エリアにまで聞こえてきてしまいます。おかげで、体験前にストーリーの大部分がネタバレされてしまいました。ちょっと興ざめです。音の迫力のためにスピーカーにしたのでしょうけれど、こういった仮設の会場ではヘッドフォンの方が良かったのではないかと思います(ただその場合、3D音響システムを導入しなければならないのです)

 まだまだ運用には難がかなりあると思います。施設の事情で直せない部分はあるとは思いますが、改善できる所は改善していってほしいと願っています。

 

タイトーステーションセブンパークアリオ柏『VR GAME STAGE』

 タイトーが各地で巡回営業している『VR GAME STAGE』がアリオ柏に導入されていると聞いて、仕事帰りに行ってきました。

 実はこの筐体、一時期高田馬場にあり、その後大阪でしばらく稼働した後に関東に戻ってきたというものです。高田馬場にあった時に行こうと思っていたのですが、行きそびれていたので今回がリベンジです。

 タイトーステーションアリオ柏は、柏駅から路線バスで20分強(もしくは我孫子駅から無料バスで約20分)というかなり交通の便が悪い場所にあるショッピングモール内のあまり広くないスペースにありました。

f:id:netanker:20180203235211j:image

 

f:id:netanker:20180203235217j:image

 十種類を超えるコンテンツの中から、プレイしたいものを選ぶと、オペレータースタッフさんが操作してゲームを切り替えてくれるという形です(この写真のメニューの中には、『ロッカー男子』など、VRGAMESTAGEを使わないコンテンツもあります)。

 この筐体は、4人まで同時にプレイできるようネットワーク接続され、ゲームによって協力、対戦プレイが可能なものもあります。

 今回はシューティングゲームの「D戦隊」と「Rays」をプレイしました。

『D戦隊』は、立ち止まった状態で迫り来るゾンビをただひたすらに二丁拳銃で撃ちまくるもの。武器の交換や弾の入れ替え操作が少々わかりにくく、最初あっという間にゲームオーバーになってしまいました。

『Rays』はロボットを相手に二丁ビームで撃ちまくるもの。こちらはコントローラーの操作で立ち位置の移動が可能です。また、何度死んでも生き返ることができるようです。エネルギーが溜まると強力なビームを発射することが出来る...はずなのですが、今ひとつわかりにくく、通常装備だけでゲームクリアしてしまいました。

 

 この筐体は、コンテンツ切替型の汎用ゲーム機のため、外側のステージと対戦プレイ用のネットワーク接続が行われている以外は、普通のWindowsPCとVIVEによる操作で、コントローラーもVIVEのものをそのまま利用しています。

  なので、いわゆる専用筐体と異なり、操作性には少々難がある感じです。実は『D戦隊』をプレイしている時、弾のリロードボタンが非常に押しにくい位置にあり、しばらく悩みました。あとで気がついたのですが、コントローラーが左右逆持ちになっていたのかもしれません。

 

 VR GAME STARGEの売りは4人までの同時プレイなのですが、逆に1人プレイだと折角のこのメリットが全く享受できず、単にSteamVRで市販されているようなVIVEのゲームをプレイしているだけになってしまうようです。

 自宅でのVRゲーム導入を検討している人には良いかもしれませんが、いわゆるロケーションベースVRアトラクションを楽しむという目的には少々合わない感じでした。

 

 

 タイトーステーションセブンパークアリオ柏は、この筐体以外に、店舗型のリアル謎解きゲームがあり、またモール内にはスポッチャもあるので、それも合わせてプレイするのが良いかもしれません。

 私は...帰りの時間の関係で、リアル脱出ゲームはプレイできませんでしたが...。

www.taito.co.jp

 

TDSで初シーライダー&アウトオブシャドウランド

閑散期を狙って東京ディズニーシーへ。

f:id:netanker:20180201200858j:image

去年はランドに1回行っただけで、シーはかなり久しぶりです。

(「ストームライダー」の終了が発表された後ぐらい)

閑散期なので開園時間も9時。8時半頃到着した時点で、入園待ちの列がチケットブースのちょっと手前ぐらいの位置でした。

入園してすぐに、トイ・ストーリー・マニアのファストパスを取りに。12:45〜を入手できました。やっぱり今日は空いている。

 

f:id:netanker:20180201201303j:image

 待ち時間なく「ニモのシーライダー」を利用。ストームライダーが好きだったのですが、ライドシステムは変わらないものの、子供向けになっていて、ギミックの類がほぼなくなっていたのが残念。また、なんだか映像が忙しない感じでした。

 

f:id:netanker:20180201201358j:image

 そのままマーメイドラグーンに向かうと、館内ガラガラ。そこに居たのは…

f:id:netanker:20180202214706j:plain

 ドナルド&デイジー(ドナルドのピン写真は撮ってなかった...)。そこに居たゲストは全部で10人くらい。いつもだったら、グリーティングに50人位人が集まっていて撮影どころではないのですが、ラッキーでした。

 

 

f:id:netanker:20180201201430j:image

 ハンガーステージの「アウトオブシャドウランド」こちらも初体験。プロジェクションマッピングを多数使ったステージショー。
 細かい演出はさすがのクオリティで、ストーリーも良いのですが、やはり本物の火と水による演出と、全編に渡る生演奏だった「ミスティックリズム」を知っていると、迫力に欠けてしまうなぁというのが素直な感想。

 

 その他一通りのアトラクションを利用して(絶叫マシン系は、妻が乗りたがらないのでファストパスを利用して「タワー・オブ・テラー(LEVEL13バージョン)」「センター・オブ・ジ・アース」を短時間でさくっと乗りました)退園。

 閉園時間も19時だったので、全く無理はしないペースで回れました(寒かったけれど)。

 

 ちなみにお土産は、私も妻も全く興味が無いので、唯一購入したのは

f:id:netanker:20180201201447j:image

 100円のコインプレスだけでした。

 

 

福袋でMRパックマン

 ナンジャタウンの福袋七丁目商店街内、福袋縁日広場に期間限定の新アトラクション「パック イン タウン」がオープンしました。

f:id:netanker:20180119000430j:plain

 

 このアトラクションは、「ナンジャタウン×MRプロジェクト」の第一弾コンテンツとのこと。

f:id:netanker:20180119000545j:plain

 一見何もないこのスペースが、HMDを装着すると、パックマンの迷路になっています。

f:id:netanker:20180119001955j:plain

 壁面のモニターには、プレイ中のゲームフィールドが表示されているので、なんとなくではありますが、観客も状況を確認できます。

 

 利用はパスポートのみ(ナンジャコイン使用不可)。また現在は平日は17時以降、土日は19時以降のみの変則的な営業になっています。

 衛生ヘッドバンド(VRのニンジャマスクとは異なります)をかぶり、その上からHMDを装着。位置の調整を行ったら、そのままエントリー用QRコードを見つめ、自身のパックマンが設定されます(複数人でのプレイの場合は色違いになる)。自分の色のスタート地点に行き、ゲームスタート。

 HMD上には、現実世界から浮き出したような形で迷路やエサ、モンスターなどが表示されています。迷路内のエサをすべて食べ尽くせばステージクリア。

 モンスターにあたってしまうと10秒間エサを食べることが出来なくなります。また逆に、パワーエサを食べれば一定時間無敵になり、モンスターを逆に食べることが出来ます。モンスターを食べると次のステージになるまでモンスターは再出現しません。

  全部で5ステージあり、トータルでの制限時間でどこまでクリアできるか、また複数プレイの場合は誰が一番高得点を獲得できるかが勝負となります。

 

 このアトラクションでは、HMDには、MicrosoftのHoloLensを使用しているため、いわゆる「完全没入型」の他のVRアトラクションをイメージしてしまうと、その表示の違いに戸惑いがあるでしょう。

 迷路のフィールドや、食べる餌、敵モンスターは、HoloLensでCGが表示できる範囲でしか見ることが出来ません。全体の状況を見るためにはかなり頭を動かす必要があります。
 慣れてくれば、コツが掴めるのですが、最初はなかなか難しいです。

 本来のパックマンをプレイしたことがあると、つい迷路の角は直角に曲がろうとしてしまうのですが、実はその必要はまったくなく、斜めに進んでも問題ないです(これを利用してモンスターをうまくかわすこともできそう)。

 CG表示と現実世界とのズレは(システム不具合時を除いて)ほぼ無く、酔いの心配はないと思います。
 ゲームシステムは良いので、あとはHoloLensそのものの表示画角の向上に期待したいですね。

 

Tyffonium『Magic-Reality:Corridor』の内容を勝手に考察(ネタバレ注意)

 現在、お台場ダイバーシティのMRシアター「Tyffonium」(Tyffon社)で営業中のコンテンツ『Corridor』。先日ニューズウィーク日本語版でも紹介記事が掲載されています。

www.newsweekjapan.jp

 この記事の中で「舞台となる館の歴史や背景も細かく設定。住人を襲った悲劇、重なる不幸、そこから始まる黒い噂を小説のように作り込み、登場する無数の「亡者」にはそれぞれ生前の姿まで設定した。」とあり、実際に何度か体験してみると、単なる脅かしの連続だけではない、ストーリーが朧げながら見えてきます。
 ただ、公式WEBサイトや施設のブリーフィングなどで一切の説明がなく、また初めて体験した方は、脅かしの仕掛けの方に意識が向いてしまうので、恐らくこのストーリーは伝わっていないのではないでしょうか。

 そこで、私が体験した内容を元に、このシアターに流れているであろうストーリーを独断で考察してみました。あくまでも個人的でかつ、2017年12月末に3回目を利用した段階での考察になります。クリエイターの方が本来考えていたものとは大きく異なる可能性が高く、また合っていたとしても今後のリニューアルでストーリーが変わることもあることを予めご了承ください。また、考察上「ネタバレ」になる部分もありますので、「ネタバレ」を好まない方は、一度体験するまでは、お読みにならないことをお勧めします。

 

【序盤】
 回遊1周目。穏やかな日差しが差し込む廊下に掲げられた夫婦の肖像画。恐らく、結婚したばかりの幸せな時期に描かれたもの。
 しかし、奥の扉に入ると雰囲気は一転。少々荒れた部屋が表れ、不穏な雰囲気、そして外はいつの間にか嵐。これは、現在のこの館のリアルな姿。壁に書かれているのは人物関係図?テーブルの髑髏が動いている。
 奥の扉の先、廊下の右手の部屋にはちらりと、このシアターのポスターにも描かれている木馬。

f:id:netanker:20180112233018j:plain

 生まれてくる子供のために用意した、子供部屋だったのでしょうか。しかし、扉は閉ざされ入ることができません。前方の廊下も崩れ落ちており、体験者は左手の扉を進むことに。
 ついさっき通ったばかりの廊下から再度部屋へ。瞬間、部屋全体が異形のモノに…。すぐに元に戻る。気のせいだったのか。ここから何かが蠢きだす。
 寝室の扉がわずかに開き人の気配が。しかし部屋に入っても誰もいない。いや、窓の外テラスに子供を抱いた女性の姿。しかし、近づく間もなく彼女は…

 

【中盤】
 リフトもしくはエレベーターのどちらかで館の地下へ向う。そこには魔物が住み付いていた。この館には古くからの狂気が渦巻いているようだ。夫婦は知らずにここに住み、この狂気によって不幸に導かれたのだろうか。
 気がつけば館全体が、異形のモノに変化。その胎内に取り込もうというのか。

 

【終盤】
 異形のモノから逃げるように飛び出すとそこは館の外。しかし、この世界とは異なる異空間のようだ。そこに現れたのは...

 

 

『館の影響で呪われた子供を産み、狂気のあまり自殺した母親の残留思念』がストーリー?

 まるで内臓のようなシーンが各所に登場しますが、これは呪われた子供が母親の精神を蝕んでいるときのイメージが映像化されたものなのではないでしょうか。子供が胎内にいたころの風景が思念となって合わさっているように思います。
 その子供の思念が、ある日夫婦に襲いかかった。体験者が中盤以降に見た風景はその時の母親の記憶だったのかもしれません。最後に体験者は無事に脱出することができますが、夫婦は脱出できず、そのまま異形の世界に取り込まれ、精神を病んでしまった。
 序盤で登場する女性。彼女は、その呪われた子供とともに投身自殺したシーンを体験者に見せることで、館の奥に進まないよう警告を発していたのかもしれません。

 気になるのは、肖像画でしか登場しない父親。早いうちに館によって取り殺されていたのでしょうか。それとも、実はもともとこの館の主で、生贄として彼女をこの館に住まわせ、呪われた子供を産ませたのでしょうか。気になるところです。


...あくまでもこれは、私の勝手な想像です。本当のストーリーも是非どこかで知りたいと思っています。公式に発表されないかなぁ...。

 

www.tyffonium.com

 

新年別府

別府の妻実家へ新年の挨拶へ(1〜5日)。

f:id:netanker:20180107101012j:plain

f:id:netanker:20180107100935j:plain

 今年は戌年。ひなも歳女。

f:id:netanker:20180107100939j:plain

 2日、初詣に火男火売神社。

f:id:netanker:20180107101326j:plain

f:id:netanker:20180107112231j:plain

 志高湖にて、お散歩。観光客は中国・韓国人ばかりで日本人はかなり少なかったです。

f:id:netanker:20180107100931j:plain

 隣の神楽女湖は干上がってました。

 

 翌日3日は、真玉海岸。

f:id:netanker:20180107100926j:plain

 干潮時なので、遠浅の浜が広がります。

f:id:netanker:20180107100922j:plain

 日本一の夕日が観られる場所と言われています。今日はちょっと雲があったのが残念。

 

 後はのんびりと。