ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

映画館でVR!

 7月2日より新宿バルト9にて公開されている『映画館でVR!』の第一弾【VR映画三本立て(おそ松さんVRevangelion:Another Impact (VR) /夏をやりなおす)】を鑑賞してきました。

f:id:netanker:20180714113410p:plain

公式WEBサイトよりキャプチャー)


 3作品の中で『夏をやりなおす』(若干ホラー)だけがオリジナルコンテンツで、他の2作品は既存コンテンツを映画館VR用に若干カスタマイズしたもののようです。

 

 館内では飲食は禁止です(持ち込んでも、HMDしていると手元が見えないですしw)。体験時間は説明を含め約30分。本編映像は20分程度です。
 入場するとHDMとニンジャマスクを手渡されます。HMDはPICO社製のものをVAIO社がカスタマイズしたもの。ヘッドフォンはありません。少々大きめですが装着は簡単です。
 最初にスタッフによる装着方法の説明、その後に映像による説明があります。
 説明映像の最後、ガイドキャラクターが左右に飛び回りながら観客に呼びかけるシーンがあります。これは一斉利用型のVRでの動作確認のお約束(この時に別の方向を向いている観客がいた場合、HMDの設定に異常が発生している可能性があると、前方のスタッフが判断できる)。

 そして、1つ短いCMが入ってから本編スタート。このCMもVR映像になっています。じつはこのCMが一番VRっぽい動きをします。この映像で酔わなければ本編でも多分酔う心配はないでしょう(そのために意図的に動きを作っているのかも)。

 

 『夏をやりなおす』『おそ松さんVR』『evangelion:Another Impact (VR)』の順番で上映。それぞれの作品間では30秒程度のブラックアウトがあり、少し目を休めることができます。
 また万一鑑賞中に酔いが発生しHMDを外しても、前方のスクリーンには固定映像で同じ映像が流れているのでストーリーを見逃すことはありません。
 完全オリジナルコンテンツの『夏をやりなおす』は、VRならではのシーンが短い中に沢山盛り込まれていました。ネタバレになるので書けませんが…。

 

 利用してみて感じたのはまず、HMDのバランスが少し前に偏っているので長時間の装着には向いていなさそう。
 また視野角がそれほど広くありません。最近どんどん視野角の広いHMDが増えてきているので、そちらに慣れてしまうと逆に狭いと感じるかもしれません。また、視野外周部のレンズの歪が目立ちます。これは私だけが感じた訳ではなくVRの経験が浅い人も言っていました。
 映画館という場所がら、座席数(と予備)だけのHMDを用意しておかなければならないので、比較的廉価かつ誰でも簡単に装着でき、メンテしやすいという条件でHMD機種を選択したのだろうと思いますが、今後1時間を超えるようなコンテンツを上映するのであれば、HMDの改善は必須でしょう。

 

 音響は映画館のスピーカーを使用しているのでヘッドフォンで聞くよりも臨場感はあります。ヘッドフォン再生の場合、制作に苦慮するVR音響が必要無いメリットもありますね。
 マスコミ発表などでは「ホラーなどで観客の実際の悲鳴などが聞こえることでより臨場感を楽しめる」と言っていましたが、これについては…館内ガラガラだったので実感できませんでしたw。

 

 来場客層は、まだ「映画を見る一般客」というよりは、「VRに興味のある人」がほとんどでした。コンテンツのセレクトもジャンルがバラバラのため、例えば「おそ松さんVR」だけが目当ての人には他の2本は逆に邪魔に感じたかもしれません。一方で「何でもいいからVRを体験したい」という人には3本で1500円という価格はリーズナブルかもしれません(ちなみに『おそ松さんVR』はゲームセンターなどでは1回800円)。

 また今回は第一弾ということで、コンテンツも運用も実験なのだろうとは思います。ノウハウを収集して、今後改善していけば一つのVRの楽しみ方として映画館が選ばれるような時代になるかもしれませんね。

 

www.vr-eiga.com

VR/AR and Cafe Bar VREX 新宿

 新宿歌舞伎町、VRZONE SHINJUKUの隣にリアル脱出ゲームのテーマパーク「東京ミステリーサーカス」がありますが、そのビルの5F、VR/ARと飲食施設が併設された『VREX 新宿店』に行きました。

f:id:netanker:20180714105623j:plain

 紫を基調にデザインされた未来的な雰囲気の店舗。

 入場は無料で、VR/ARコンテンツや飲食に利用できるコイン(1枚350円換算)を購入して利用します。

f:id:netanker:20180714105636j:plain

f:id:netanker:20180714105658j:plain

 飲食用スペースの隣に、VR用の部屋2つと、AR用の部屋1つが並んでいます。

 受付でプレイしたいコンテンツを選び、コインで支払うと整理番号のタグを手渡されるので、それまでは飲食スペースで待機。コンテンツの準備ができると各部屋の前に番号が表示され、また館内アナウンスで呼び出されます。

 

 今回利用したのは「バーチャルライフ 青春編」(1人3コイン)と「HADO モンスターバトル」。

 「バーチャルライフ」は青春編のほか、大人編(5コイン)もあります。青春編では小学校入学から高校卒業までを人生ゲーム風すごろくで体験するというもの。
 VIVE HMDとコントローラーを用い、サイコロを転がしてはマスを自分で歩いて進み、そのマスの指示によってお金が貰えたり、アイテムが貰えたりします。また、途中の強制イベントでは、セグウェイ風の乗り物に乗って(実際に部屋に設置されている乗り物台に乗るので振動や風があります)の移動や、パーティーゲームの枕投げ(このゲームだけを1コインの単独VRゲームとしてもプレイ可能)があります。

 

 「HADO モンスターバトル」は、ARコンテンツ。過去ナンジャタウンで行われた期間限定アトラクション『REAL MONSTER BATTLE~ナジャミー救出作戦~』などと同じシステム(ナンジャタウン版がこのモンスターバトルをカスタマイズしたものでした)。HMDのカメラに映し出された現実の映像にモンスターが合成され、そのモンスターを腕につけたセンサーを動かすことで発射するエネルギー弾で攻撃するアクションゲームです。

 

 カフェバーだけの利用も可能。今回はランチタイムに利用したのですが、2コイン700円で結構ボリュームのある料理(ドリンク付き)が出てきました。

f:id:netanker:20180714105704j:plain

 新宿歌舞伎町という立地でこの値段がかなり得だと思います。

(夜はそれなりのお値段になるようですが、それでも比較的リーズナブル)。

 また、午前中の利用だとVR/ARコンテンツの利用も割引になるので、時間に余裕があるなら午前中にここでリーズナブルに楽しみ、それから近隣の『東京ミステリーサーカス』や『VRZONE SHINJUKU』、『inSPYre』、『なぞともカフェ』、『SEGA VR AREA SHINJUKU』などに行くのも良い方法かもしれません。

 

www.vrex.jp

ミッションクリア型忍者屋敷『シュリケン』

 中野区の方南町を中心に数々のお化け屋敷を展開している「オバケン」が、あらたにミッションクリア型の忍者屋敷『シュリケン』をオープンしました。

 お化け屋敷は中々に苦手なので、オバケンのお化け屋敷はごく一部しか体験したことがないのですが、今回はお化けではないので安心です。

 場所は、丸ノ内線方南町駅のすぐ近くの雑居ビル。予約購入したチケットをもって指定された場所に行くとそこには...

 と、いろいろ書きたいのですがネタバレ禁止なのでほとんど書けません。当然ながら内部の写真も載せられません。

f:id:netanker:20180621232744p:plain

 公式サイトのキャプチャーでお茶を濁しておきますw。

 

 事前に問い合わせをしたときに教えてもらった内容だけ書くと、前半戦は1人ずつの挑戦、後半は全員で協力しての挑戦です(最大5名)。

 かなり激しく動く場面もあるので、動きやすく、また汚れても良い服装をオススメします。また、忍者屋敷は日本家屋ですので、靴は脱ぎます。

f:id:netanker:20180621232515j:plain

 最後にスコアシートを貰えます。今後IDナンバーで検索して、自己のスコアをWEB上から閲覧できるようにするそうです。

 

 なかなか難易度が高いミッションなので、上忍になるには何度か挑戦が必要そうです。

 

公式サイト:https://obaken-event.wixsite.com/shuriken/

 

モリタクのB宝館

妻との買い物の帰りに時間があったので、回り道して新所沢駅近くにある「B宝館」へ。

f:id:netanker:20180605235653j:plain

現在、毎月第一土曜日にのみ開館している個人博物館です。

f:id:netanker:20180605235719j:plain

この博物館を運営しているのは、経済評論家の森永卓郎さん。

f:id:netanker:20180605235754j:plain

館内には、きれいに陳列されたコレクションがぎっしり。

f:id:netanker:20180605235818j:plain

ただし、そのコレクション内容はかなりマニアックです。

f:id:netanker:20180605235841j:plain

f:id:netanker:20180605235958j:plain

f:id:netanker:20180605235911j:plain

オタク向けなフィギュア類もたくさん。

f:id:netanker:20180605235933j:plain

芸能人とも交流があるため、サイングッズも豊富です。これは一般個人では絶対に無理なコレクションです。

最近は単にサインを貰うだけでなく、サインを貰う人と、サインを貰うものが「ダジャレ」になっているものが多くなっているようです。

(「はいだしょうこ→しょうが=はいだしょうが」とか…)

 

 なんでも、自身のコレクション(自称3000万円相当)を展示するためだけに、この建物を1億5000万円で建設してしまったそうです。お金持ちの道楽はすごいなぁw。

 建物自体は3F建てなので、今後もコレクションが増えると拡張して行きそうです。

 

morinaga-takuro.com

www.ab.cyberhome.ne.jp

 

 

 

inSPYreアジトツアー

 inSPYreで開催された「BlackMax Hideout Tour」というアジトツアー・イベントに参加しました。

f:id:netanker:20180605235325j:plain

 普段は謎解きスパイミッションが行われるinSPYreの、BlackMaxアジトを使用して「BlackMax壊滅後に廃墟となったアジトを探索するツアー」という設定のイベントです。

f:id:netanker:20180605235350j:plain

 グループごとにガイドがついて、アジト内に潜入。

f:id:netanker:20180605235425j:plain

 通常のスパイミッション中は撮影禁止のアジト内も今回のイベント中は原則OK(一部、謎解きのヒントになるようなものは撮影禁止)。

f:id:netanker:20180605235449j:plain

 ツアー中、突然謎の戦闘員が乱入。ガイドは意識を失ってしまいます。

f:id:netanker:20180605235518j:plain

 ここからは、「イマーシブシアター」の手法を用いたライブ演劇。

 謎の戦闘員は何者なのか、そして実はガイドも....

 それらが、アジト内の各所で同時多発的に物語が進行しています。

 

 ツアー全体は30分程度の短いもの。その中で物語が同時多発で進むので、1回では全体のストーリーを把握することはできません。それをあらかじめ知っておかないと、「???」のまま終わってしまうかもしれません。

 

 今回は、初回ということもあり実験的な感じが強いものでした(その分、参加費も安かった)。

 これからブラッシュアップしていくことを期待したいと思います。

 

 個人的には、普段撮影できないアジト内の写真を取れただけれも満足でしたw.

 

 

2度めの「まやかし展覧会」

f:id:netanker:20180527212238j:plain

 昨年8月以来約9ヶ月ぶり(前回日記)に2度目の「まやかし展覧会」(千葉・東金)訪問。

 

 ここは、常に改装し続けている施設。訪問時も館長・じゃんぼちゃんは展示内容の作業中でした。

 

前回は殆んど写真撮影をしていなかったのですが、今回はある程度撮影を目的に。と言っても、あまり細かく撮影してしまうと、「写真見ただけで満足して来館しない」人が増えてしまうということなので、ここぞという数カ所だけにしました。

f:id:netanker:20180527211902j:plain

 この場所は、間もなく大幅に改装する予定とのことですので、記録を兼ねてinsta360oneでの360度撮影もしてみました。

 

前回の訪問時はホラーテイストのあった部屋は、ファンタジー&アメリカンな部屋に変わっていました。

f:id:netanker:20180527211916j:plain

 ここにあった、オドロオドロシイ系のグッズ類は、以前は行き止まりだった通路の部分に通路部分に置かれています。今後はそこがホラー系エリアになるとのことです。

 

 一通り観覧してからは、じゃんぼちゃんと雑談(麦茶もいただきました)。
 展示したいものはたくさんあるけれど、場所が足りなくて困っているそうです。

 

 まだまだお客さんは少ないそうで、何故か「近隣の人ほど来ない」とのこと。地域新聞やBayFMなどで紹介されているので、認知はあるものの、入園料を払ってまで来たいという人が近隣には少ないらしいです。

 入園料を払うと展示も見れて、お茶のサービスもあって、じゃんぼちゃんの楽しい話も聞けてお得だと思うのですが・・・

(会場の入口で、オープンカフェ営業したほうが、ひょっとしたらお客さん来るんじゃないかなんでいうお話も)

 

 いろいろ試行錯誤を繰り返しながら変わっていく「まやかし展覧会」。これからもたまに行って、変化を見ていきたいと思います。

 

 

mayakashi-tenrankai.jimdo.com

カイジVR~絶望の鉄骨渡り~

 渋谷のVR PARK TOKYO(グルーポン:平日割引チケット)にてGW前から稼働を開始した「カイジVR」に挑戦。

f:id:netanker:20180518233012j:plain

 人気漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する、電流鉄骨渡りを再現したVRコンテンツ。

 HMDを装着すると、目の前は高層ビルに架けられた細い鉄骨の上(上記写真では奥のオレンジ色部分が鉄骨)。

 扇風機に寄る強風や、少しぐらつく鉄骨であるため普通に歩いて渡るだけでも、若干難易度が高い。

 スタート後、ミッションが表示されるのでその指示に従い行動する必要があります(ミッションによっては、手であるコントローラーの操作も必要)。

 時間切れまたは、鉄骨から足を踏み外す、鉄骨に足以外が触れると失格です。

 

 ミッションの内容はネタバレになるので書けませんが、かなりの確率で開始5秒程度でに失格になるようです(これは事前にスタッフに言われていた)。実際私もその場所で大きくバランスを崩しかけました。そしてこの「バランスを崩した」という事実は、リアリティをより強める効果があり、以降のミッションがかなり難しくなりました。

 

 それでもなんとか無事にクリアできました。

 

 VR PARK TOKYOは時間制でフリープレイなので、こういった「人によってはすぐに終わってしまうコンテンツ」でも、不満なくプレイ出来るのが良いですね。