ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

感染症対策中のTDL

9月17日は結婚記念日なので、そのお祝いを兼ねて東京ディズニーランドへ(前回は2019年7月でした)。

パークは新型コロナ感染症対策特別営業中。14時からのチケットでのんびりの来園です。時間の少し前にエントランスに到着。強化されて空港並みになったセキュリティチェックを受けてからエントランス待機列に並びます。
リニューアル(これはコロナとは無関係にもともと予定されていたもの)によりチケットブースが無くなって広々としたエントランス前に1グループごとに2〜3mくらい離れて並ぶ形になっていました。

f:id:netanker:20200919220043j:plain
f:id:netanker:20200919220039j:plain

ワールドバザールの入口の看板が、イベントのものではなくレギュラー看板なのが逆に新鮮。

 

現在、完全事前予約制であるため、園内は冬の閑散期とほぼ同じくらい。それでも場所によっては結構人がいる感じでした。

f:id:netanker:20200919220035j:plain
f:id:netanker:20200919220030j:plain
f:id:netanker:20200919220027j:plain
f:id:netanker:20200919220023j:plain

ちょうど今日の来園中に発表になった、新アトラクション、新エリアは関係者やプレス用のテスト運用が行われていたのか、音が聞こえて来たり、キャストさんの出入りが多くあったりしていました。

f:id:netanker:20200919220019j:plain

トゥーンタウンからは風景の一部として、美女と野獣の城が見えるようになっています。今回このエリアは奥に書き割りの風景が使用されているようですね。

f:id:netanker:20200919220011j:plain

 アトラクションは一番混んでいる「スプラッシュマウンテン」でも45分待ちを見たのが最大。今回利用した「ビッグサンダー・マウンテン」はアトラクション前の列が大回りして最後尾がマークトゥエイン号乗り場付近になっていましたが、間隔をかなり空けての列なのでこれで30分待ち程度。

f:id:netanker:20200919220014j:plain

ホーンテッド・マンションでは、ほぼずっと13分表示(時には0分待ちも)。ただし、現在三密を避けるために、「エントランス」と「伸びる部屋」は待機列の一部となっており、プレショーなしにそのまま進みます。

その他、「プーさんのハニーハント」も25〜40分待ちぐらいでした。逆に閑散期に行くと大体いつも空いていて5〜10分くらいで乗れることが多い「スター・ツアーズ」や「カリブの海賊」は、ライドの定員を減らしている関係で15〜25分待ちくらいになっていました。

f:id:netanker:20200919220006j:plain

パレードも現在は特別版。ダンサーなどがいない小規模なものに。

 

14時からの入園でも、7割位のアトラクションは乗れて、またレストランも事前のプライオリティ・シーティングが簡単に取れて、食いっぱぐれも無い、のんびり充実したパークを楽しめました。

 

実は今日行くパークを、まだ体験したことがない「ソアリン」があるシーにすることも考えたのですが、「ソアリン」のプレショーも現在行われていないと聞いていたので、ランドにしました。ランドに比べてシーはプレショーが重要なアトラクションが多いので、それが無いとなると楽しみもかなり減ってしまいますね。今後ソアリンは抽選制になるみたいなので、それでプレショーが復活するとか、あるいはコロナ終息で通常営業に戻ったら、その時に改めて来園を検討します。

f:id:netanker:20200919220002j:plain

 

9時の閉園時間を過ぎてからの舞浜駅はかなり混雑。恐らく今日一番の密な空間でした。

香川旅行(5):鎌田ミュージアム

 坂出駅からほど近い場所にある、創業1789年(寛政元年)の老舗・鎌田醤油。この鎌田醤油が運営する3つのミュージアム『鎌田共済会郷土博物館』『四谷シモン人形館 淡翁荘』『小沢剛 讃岐醤油画資料館』の総称が『鎌田ミュージアム』。

 地図を見ると元町商店街沿いにあるのでまず商店街に向かったのですが、不況の影響かいわゆるシャッター街になっていて物悲しい雰囲気。

f:id:netanker:20200913173340j:plain

垂れ幕の「昔はよかったのんなぁ〜」のセリフが自虐的。

 

 人形館と醤油画資料館の入口は駐車場側。

f:id:netanker:20200913173335j:plain

 洋風の館(淡翁荘)が人形館、和風の館(旧鎌田醤油本店)が醤油画資料館。受付は淡翁荘で行います。

f:id:netanker:20200913173318j:plain
f:id:netanker:20200913173324j:plain

 鎌田醤油本店の建物(登録有形文化財)の一角に醤油画資料館があります。ほぼ1部屋分くらいでそれほど広いスペースではありません。

f:id:netanker:20200913173332j:plain

 【醤油画】とは、弘法大師の時代に醤油が日本に伝来したのとほぼ時を同じくして画材として使用されるようになった由緒ある画法。しかし保存性に難があることなどから、主流になることはなく忘れ去られたもの。紆余曲折のあったこの画法を、館長の小沢剛氏が再発掘した...という架空の美術史に基づく現代アート作品です。

f:id:netanker:20200913173328j:plain

 展示している建物が本物の文化財なので、嘘のはずなのに本物っぽく見えてしまうのが面白いところです。

 なお、鎌田醤油のオンラインショップでは、この醤油画を書くための筆ペンも販売中です。

 

 続いて淡翁荘。もともとは接待用の迎賓館として建てられたものでこちらも文化財四谷シモン氏が製作した人形が、洋館のあちこちに鎮座しています。

f:id:netanker:20200913173310j:plain

 普通に部屋の片隅に立っているものもあれば、旧トイレの個室を開けたところに座っている人形、襖や金庫の中に隠れている人形などもいます。全部で23体がこの館にあるそうです。

f:id:netanker:20200913173257j:plain
f:id:netanker:20200913173300j:plain
f:id:netanker:20200913173305j:plain

 なかにはちょっと官能的な人形もあります。

f:id:netanker:20200913173253j:plain

 1Fにいるこの『男』は、押井守監督の映画「イノセンス」で、バトーとは古い顔なじみのハッカーである「キム」のモデルになった作品。これがきっかけで「イノセンス」の公開に合わせて東京都現代美術館で開催された、押井監修の「球体関節人形展」にも展示されたそうです。

 

 最後に「鎌田共済会郷土博物館」。こちらは少々離れた場所にあります。外観と2Fの改修工事中でしたが、1F展示室は見学できました。江戸時代に坂出塩田の開発をすすめた久米栄左衛門通賢ゆかりの資料などが多くあります。

 

 鎌田ミュージアム3館のうち、『鎌田共済会郷土博物館』は、各地にある郷土資料館同様に、この土地の様々な資料を収集・展示している一般的な博物館ですが、残りの2館はかなり癖の強い個性的な博物館でした。B級スポット好きにはオススメです。

kamada-museum.jp

 

香川旅行(4):琴平町散策〜丸亀・骨付鶏

午前中は琴平町内を散策。

f:id:netanker:20200913165405j:plain
f:id:netanker:20200913165401j:plain

金倉川沿いの神事場から続く鞘橋。木造の橋桁のない橋。神事の時に神輿などのみが渡ることができると聞いたので、もっと小さな橋を想像していましたが意外にも大きな橋でした(もしかしたら自動車1台くらいなら問題なく渡れそうな感じ)。

 

海の科学館。開館時間より10分ほど早くについてしまったのですが、そのまま入館させていただきました。海にまつわる様々な展示(展示物は撮影禁止)や、操船シミュレータ(有料)などがあります。屋上には舵にあわせて向きが変わる展望台(作動は有料)があり、ここからのこんぴら参道の眺めはなかなか良いです。

f:id:netanker:20200913165356j:plain

kotohira.kaiyohakubutukan.or.jp

宿をチェックアウトしてから散策を継続。

歴史民俗資料館(奉納歌舞伎の台本や衣装などの展示がありました)を見学。

琴平町立歴史民俗資料館 - 琴平町公式ホームページ

 

f:id:netanker:20200913165351j:plain

こんぴら参道で「かまたまソフト」。だし醤油とネギで、ほのかな生姜味で、確かにうどんっぽい。このソフトは「味は二の次、インパクト重視」で開発されたそうです。好き嫌いは人それぞれ。私は好きですが。

 

参道にある酒蔵「金陵の郷」の展示館もぐるっと。

www.nishino-kinryo.co.jp

 

JRで丸亀駅に移動。軽めの昼食として、一鶴 丸亀本店の「骨付鶏」。おやどりとひなどりを注文。

f:id:netanker:20200913165345j:plain

噛みごたえがあり皮がパリパリのおや鳥と、柔らかいひなどり。どちらも美味しかったです。かなりスパイシーなので、本来はお酒のお供ですね。

(関東では横浜に店舗があります)

www.ikkaku.co.jp

 

食後は最後の目的地、坂出に向かいます

 

 

 

香川旅行(3):金刀比羅宮

 琴平に到着、今回の宿は「こんぴら温泉 貸し切り湯の宿 ことね」。フロントに行くと手違いがあったようで予約が本館「湯元八千代」の方になっていましたが、部屋に空きがあったので問題なくこちらで宿泊。

 荷物を置いて、金刀比羅宮へ向かいます。生憎の雨なので宿で杖と一緒に大きめの傘も借りて出発。予約していた「こんぴらシャトル(タクシー)」で大門駅。

f:id:netanker:20200913131624j:plain

 ここは、こんぴらシャトル専用の駅。参道の365段目(実際には駅から階段が40段ぐらいある)を飛ばして一気に大門に到着します。今回は時間があまりない(コロナ対策で社務所が16時で閉まる)のと、妻の体力を考慮してシャトルを利用しました。

f:id:netanker:20200913131620j:plain
f:id:netanker:20200913131538j:plain

ここからは、ガッツリ徒歩。

 

f:id:netanker:20200913131617j:plain
f:id:netanker:20200913131614j:plain

786段目の本宮にて参拝。

ここで、妻には先に少し降りた途中500段目にあるカフェ「神椿」で待っててもらい、私は1368段目の奥宮を目指します。

f:id:netanker:20200913132914j:plain

 途中参道の一部が崩れかかったりしている場所もあり、なかなかの難所(つい数日前まで倒木で通行止めになっていたようです)。本宮の立て看板には「奥宮まで約30分」と記載がありましたが、実際にはかなり早足気味に歩いて30分といった感じでした。休み休み登ると40〜50分かかるでしょう。

f:id:netanker:20200913131606j:plain

奥宮の「厳魂神社」に参拝。

 

ここは天狗信仰があり、境内脇の崖上部には天狗面が掘られています。

f:id:netanker:20200913131602j:plainf:id:netanker:20200913131136j:plain

最初、見つけられなかったのですが後で写真を見返したらしっかり写ってました。

御朱印と天狗お守りを拝受。

f:id:netanker:20200913131611j:plain

本宮ー奥宮の途中にある白峰神社にも参拝。ここの御朱印は本宮の社務所でいただけるのですが、この時点で15:40頃。急いで本宮まで戻り、15:50頃に無事拝受。

f:id:netanker:20200913131552j:plain
f:id:netanker:20200913131549j:plain
f:id:netanker:20200913131545j:plain
f:id:netanker:20200913131542j:plain

金刀比羅宮オリジナル御朱印帳には宮司の琴陵容世(ことおかやすつぐ)さんが描いた「笑顔元気くん」が描かれています。 

 

 帰りは旭社に参拝し「神椿」で妻と合流。参道下まで徒歩で下山。

 汗だくになったので早速宿でひとっ風呂浴びました。

 

 

 

香川旅行(2):四国水族館

f:id:netanker:20200913123748j:plain

レオマリゾートからコミュニティバスで宇多津へ。

f:id:netanker:20200913123709j:plain

今年オープンしたばかりの四国水族館。ここもコロナの影響で春の近隣者向けプレオープンを開催後、休園を余儀なくされていました。夏になってやっと正式オープン。

f:id:netanker:20200913123727j:plain
f:id:netanker:20200913123740j:plain

本館展示は、水槽を「絵画」に見立て額縁の中に入っているものが多くあります。またそれぞれの水槽には「◯◯の景」と名付けられています。

f:id:netanker:20200913123743j:plain
f:id:netanker:20200913123737j:plain

大水槽は「綿津見の景」。

f:id:netanker:20200913123730j:plain
f:id:netanker:20200913123733j:plain

 この水族館のマスコットはシュモクザメコツメカワウソコツメカワウソは「川獺がいた景」にいます(この「川獺」は絶滅した「ニホンカワウソ」のこと)。ちょうど雨が降ってきたこともあり、元気に遊んでいました。

f:id:netanker:20200913123724j:plain

f:id:netanker:20200913125009j:plain
f:id:netanker:20200913125006j:plain

コロナの影響で、各種のショーは全て休止。ただし、イルカプールではショーに向けてのトレーニングが時々行われています。トレーニングしていないときでもイルカたちは仲良く泳いだり、ボールを咥えたり、ジャンプを競い合ったり、自由に遊んでいます。

f:id:netanker:20200913125314j:plain

うどん県ならではの話題の注意書き。
f:id:netanker:20200913125534j:plain
f:id:netanker:20200913125537j:plain

この水族館ではアートにも力を入れています。右のコウイカは実は迷路になっています。他にもタコの迷路アートもあります。

f:id:netanker:20200913123717j:plain
f:id:netanker:20200913123713j:plain

現在オープニング企画展として「龍宮の景」を開催。仏絵師によるアートや、デジタルアートによって描かれた龍宮城の風景を楽しめます。

f:id:netanker:20200913125918j:plain

 現在はコロナ対策で利用できませんが、解説を聞くことができる端末も用意されていました。

 色々新しい試みも行われていて、例えば各水槽には、メインの生物の名前が書いてあるだけで説明は一切ありません。QRコードがあるのでスマホで読み取って解説を見るという形式のようです。ただ、その水槽の中にいる「メインではない生き物」についてはその解説にも説明がなく、そこはちょっと改善の余地ありと言った感じでした。

 

 

香川旅行(1):NEWレオマワールド

 2泊3日で妻と香川旅行へ。もともと5月に予定していたものを一旦中止、改めて予約し直しました。まだ影響は続いており、行き帰りとも予約していた便は欠航、代替便に。この影響で少し滞在時間が短くなってしまいました。

f:id:netanker:20200913105237j:plain
f:id:netanker:20200913105233j:plain

 高松空港の名物「だし蛇口」は温・冷ともに休止中。

 

 空港から直行バスにてレオマリゾート。ホテルレオマの森にてチェックインを済ませ、ホテル前からのシャトルバスに乗車。

f:id:netanker:20200913105225j:plain
f:id:netanker:20200913105219j:plain

 直接園内に入るので入園チケットは乗車時にチェック。2階席に座ると結構揺れます(運転手さんいわく「激しく揺れるアトラクションとしてお楽しみください」)。バックヤードを眺めつつ園内に。

f:id:netanker:20200913105228j:plain

 パークキャラクター「ペディー・バード」と「ポーリー・バード」(この像はメインゲートにあるので、シャトルバスやホテル用ゲートで入退園すると見逃します)。

f:id:netanker:20200913105222j:plain

 パーク自体は、よくあるタイプ。広さはとしまえんと同じくらいかな。ただ、園内に運河があるため移動には橋のある場所を渡る必要があることから、結構歩き回る必要があります。写真のメリーゴーラウンドは「日本一馬が多い」そうです(普通、馬以外に馬車などがありますが、ここは馬だけ)。

 この日はお客さんの大部分が小中高生の遠足のようでした。

f:id:netanker:20200913105212j:plain

 学生たちはグループでアトラクションに向かうので、屋内コースターの「スペースシップ2056」はかなりの列に。実はこのコースター、感染症対策で15分に8人しか利用できないという超低回転率。そのおかげで常に1時間以上の待ち時間になってしまうような状況でした。今回は絶叫系に乗れない妻が一緒なのでそんなに待たせるわけに行かず、利用は断念。

f:id:netanker:20200913105205j:plain
f:id:netanker:20200913105208j:plain

 別の主力コースターアトラクションの「ビバーチェ」は1列間隔の運行。でも7〜8分間隔で10人乗れるので待ち時間は15分程度。このコースターはオープンから20年以上経過しているにも関わらず非常にスムーズで爽快感のあるコースターでした。これだけのスムーズさを維持するにはかなりメンテナンスに苦労されていると思います。

 ミニコースターの「レディバードコースター」も、マッドマウス系独特の動きの激しさはあるものの、スムーズで楽しいコースターでした。

f:id:netanker:20200913105200j:plain
f:id:netanker:20200913105157j:plain

 シューティングライド「バトル・ビースト」。宇宙ステーション内に侵入したモンスターを、ライドに装備されたレーザー銃で倒します。22000点を超えるとミッションクリアですが、残念ながら17000点止まり。クリアするとキャストが祝福してくれます。祝福の仕方が懐かしのワンダーエッグの「ドルアーガの塔」っぽい感じでした(帰還時のライドのヘッドランプ点滅でクリアがわかるようになっている)。
 

f:id:netanker:20200913113947j:plain

 なぜか「バトル・ビースト」と、「カピバラ」展示が同じ入口。殺伐の前に癒やされます。

f:id:netanker:20200913105215j:plain

 5月に旅行を計画していた時の一番の目的は、VR系アトラクションだったのですが、感染症対策で「VRワールド」も「VRジェットコースター☆GALAXY」も全運休。他のパークでは再開しているとことが多くなったので、今回の訪問までに再開してくれることを期待していたのですが残念。

 

オリエンタルトリップ
f:id:netanker:20200913105154j:plain
f:id:netanker:20200913105139j:plain

隣接の山頂ゾーンにある「オリエンタルトリップ」へ。プール営業中は遊覧船「ウエストレイカー」のみで行き来が可能(プール営業時間外は徒歩でも行ける)。日本一長いエスカレーター「マジックストロー」で山頂まで。乗車中は写真撮影駄目らしいので乗る直前に撮影。屋根があるのであまり長さを感じませんが、途中の踊り場的な部分の先にさらに3階分くらい続くので、実質10階分くらいあるようです。

f:id:netanker:20200913105150j:plain
f:id:netanker:20200913105133j:plain
f:id:netanker:20200913105143j:plain
f:id:netanker:20200913105146j:plain

 エリア内には、モスク、ブータン寺院、アンコール王朝遺跡の再現建築と、バラを中心とした植栽のある庭園があります。

 Wikipediaによると、このエリアはもともと「レオマアニマルパーク」の一部だったようですね(GoogleMap衛星写真で見ると奥にパークの廃墟っぽい場所が見えます)。アンコール王朝遺跡の一部は老朽化で倒壊しかかっていて、それがまた遺跡っぽい雰囲気を強調していて妙にリアルです。以前カンボジアで見た本物のアンコール遺跡と比べても見劣りしません(笑)。

 

netanker.hatenablog.jp

 

 閉園時間になり、ホテルへ。

f:id:netanker:20200913105135j:plain

 11階の部屋から見たパーク。現在は夜の営業は行っていないので、ホテル宿泊者向けのライトアップですね。

 

 NEWレオマワールドは過去幾度も経営危機に陥り、閉園したり、エリアごとに別々の運営になったり、再統合されたりと波乱万丈な人生(園生?)を送ってきている遊園地。現在は大江戸温泉グループの下で運営されています。今年はコロナで打撃を受けていると思いますが、四国最大の遊園地としてこれからも頑張ってほしいですね。

 

さようなら『MAZARIA』『VRPARK TOKYO』『TYFFONIUM渋谷』『JOYPOLIS VR SHIBUYA』そして『としまえん』

8月31日で今年の夏も一つの区切り。しかし、この夏は新型コロナやその他の影響で営業を終了する施設が多く非常に悲しい夏でした。

 

特にVR関係の施設は、VRゴーグルなどを装着するという環境上、どうしても衛生管理が他の施設よりも厳密になり、新型コロナの影響で運営が厳しくなってしまいました。

MAZARIA

本日8月31日に閉場したのが『MAZARIA』。昨年7月にオープンしたばかりの施設だけにかなりのショックです。

f:id:netanker:20200831213106j:plainf:id:netanker:20200831213101j:plain

f:id:netanker:20200831213029j:plain

提供していたハイクオリティなVRアクティビティが、広いパーク内に多数設置されていて、VRの楽しさを一番感じられる施設でした。

ただ、『MAZARIA』は閉場しても、運営するバンダイナムコの系列施設『VRZONE OSAKA』や、全国各地で店内の『VRZONE Portal』は今後も営業継続ですし、台湾では新たに『VRZONE』がこの夏にオープンするなど、まだまだ展開し続けるようなので、いずかまた別の形で蘇ることを期待しています。

 

VRPARK TOKYO

1日速い8月30日に閉園したのが『VR PARK TOKYO』。VR専用施設としては老舗で(2016年12月16日から営業)、様々なVRコンテンツを時間制のフリープレイで楽しめるというのが売りでした。

f:id:netanker:20200831213110j:plain
f:id:netanker:20200831213114j:plain
f:id:netanker:20200831213118j:plain
f:id:netanker:20200831213003j:plain

空飛ぶ絨毯で飛行しているような体験のできる『ソロモンカーペット』などの他、人気コミック『カイジ』の名場面を実体験できるコンテンツや、著名オカルト雑誌『ムー』とのコンテンツなど、タイアップ作品が多く提供されていました。

 

JOYPOLIS VR SHIBUYA

緊急事態宣言の解除後に一旦は再開したものの6月に閉場したのが『JOYPOLIS VR SHIBUYA』。

f:id:netanker:20200831213007j:plain
f:id:netanker:20200831213012j:plain
f:id:netanker:20200831213034j:plain
f:id:netanker:20200831213025j:plain

 最近、Appleに買収が報じられたSPACES社が開発した『TERMINATOR SALVATION VR』が目玉でした。他にも東京ジョイポリスで運営していた『VR生き人形の間』なども。対人VRシューティングゲーム『TOWER TAG』の大会なども頻繁に開催されていました。『TOWER TAG』は現在日本各地で展開されています。ここにあった他のコンテンツももしかしたら一部は他の施設で今後体験できるようになるかもしれません。

TYFFONIUM渋谷

緊急事態宣言解除後も再開せず、そのまま閉店となってしまった『TYFFONIUM渋谷』。

f:id:netanker:20200831213021j:plain

VRコンテンツの待ち時間や、利用後に優雅な雰囲気でカフェを楽しむこともできました。運営していたコンテンツは、『TYFFONIUMお台場』で今後も継続しています。

『VRPARK TOKYO』『TYFFONIUM渋谷』『JOYPOLIS VR SHIBUYA』の3施設が閉場となったことで、渋谷のVR施設は全て無くなってしまいました。渋谷は主に地方からの若者や、海外からの観光客が多い街だったため、彼らをターゲットにしていた施設には今回の新型コロナウィルスはかなり厳しいものとなってしまったようです。

 

としまえん

 そして本日、94年の歴史に幕を降ろしたのが『としまえん』。恐らく水面下ではかなり前から閉園の方向で進んでいたのでしょうけれど、新型コロナがなければもしかしたら今年度末ぐらいまでは営業していたかもしれません。

f:id:netanker:20200831213056j:plain

 としまえんの裏手から徒歩の場所に住んでいた私にとっては、メインゲートよりこちらのちょっと殺風景な駐車場側の入園口(西ゲート)の方が思い入れがあります。

f:id:netanker:20200831173248j:plain
f:id:netanker:20200831213041j:plain

 既にこの夏には数度来園し、別れを告げていましたので、今日は自宅でJ:com練馬の生中継を見ながら、感傷に浸っておりました。

としまえんについての思いは、以前noteに記載しておりますので、そちらを参照ください。

note.com


  各施設とも、その営業期間の長短の違いはあるにしろ、楽しませてくれた施設であったことに違いはありません。それぞれの運営に力を注いできた会社にはぜひ、また別の何らかの形で再開できることを願っています。

 これまでありがとうございました。