ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

弾丸日帰り石垣島観光

 JALマイル修行を兼ねた弾丸日帰り旅行、今回は沖縄県石垣島JAL便国内線の最長距離。

 現在、新型コロナウィルスの感染予防で色々制限が発生していて、今回予約していた旅も中止するかどうか少し悩みましたが、様々な専門家団体から予防のためには「密閉」「密集」「密接」を避けると良いとのことなので、逆に都心より安全ということで決行しました。空港までの電車も始発なのでガラガラ。もちろん念の為のマスク着用と、頻繁な手洗いは忘れません。

 6:35発の石垣島直行便で10:10到着。

続きを読む

定番・石垣島鍾乳洞。そして口コミ最悪の八重山鍾乳洞(八重山鍾乳洞自然村)に行ったら一番行きにくい場所に超穴場のオススメスポットがあった。

 石垣島の定番観光名所の一つ「石垣島鍾乳洞」。石垣港からバンナ公園に向かう途中にあります。

f:id:netanker:20200327211203j:plain

 その通りから脇道に入る形になる入口に、案内看板もあります。

f:id:netanker:20200327211205j:plainf:id:netanker:20200327211218j:plain

 入場料は大人1100円(石垣島各地で割引券も入手できます)。

 石垣島の地下に広がる巨大な鍾乳洞の一部を散策できます。

f:id:netanker:20200327211209j:plain

f:id:netanker:20200327211214j:plain

 階段や狭い場所もあるため、歩行が困難な方は立ち入ることができませんが、観光地としてちゃんと整備されており、安心して順路通りに進みながら、自然が作り出した太古の風景を堪能することができます。

 誰でも満足の行く内容であることは間違いありません。

 

 さて...一枚目の写真、看板の奥にもう一つ看板がありますね。 

f:id:netanker:20200327212436j:plain

 ちょっとピンぼけしてしまっていますが「八重山鍾乳洞」とあります。「この先200m」との文字も。

f:id:netanker:20200327211224j:plain

 指示に従い進むと立派なゲートがあります。

f:id:netanker:20200327211228j:plain

 ゲートを進んだすぐの場所にある巨大なガジュマルの樹も目を惹きます。

 ここが「噂の」八重山鍾乳洞動植物園(八重山自然村という名前もあるようです)。どんな噂かというと、検索すればたくさんの「ネガティブ」な口コミが出てきます。さらには先の「石垣島鍾乳洞」の公式サイトには、明らかにこの場所のことを記した【間違えないようにご注意ください 近くに同様な鍾乳洞があります。】との表記が。

 ここまでネガティブな表記があると、逆に興味を持ってしまうのが珍スポット好きの性。今回の旅の一番の目的地になってしまいました。しかしGooglemapで調べると「閉鎖」の文字が。営業しているのか気にしながら、矢印に沿って先に進み、チケット販売所に行くと...

続きを読む

熱田神宮〜喫茶マウンテン〜常滑〜那覇空港

 マイル修行目的の旅も5回目。今回は那覇往復のうち、行きの行程で中部国際空港セントレアに立ち寄るスケジュールにしました。

 羽田空港07:35発の201便にて到着。

f:id:netanker:20200306211603j:plain

 荷物受け取り場所では矢場とんたちがお出迎え。

f:id:netanker:20200306211607j:plainf:id:netanker:20200306211612j:plain

 チェックインカウンターに忍んでいない忍者がいたり、名古屋グルメアピールポスターが貼られていたり。一気に東海地方感が。

f:id:netanker:20200306220600j:plainf:id:netanker:20200306220608j:plain

 エヴァンゲリオンも名古屋だからか金色。セントレア公式キャラ「なぞの旅人フー」も何だか名古屋っぽい。

 

 さて、当初の第一候補としては、ちょっと足を伸ばしてナガシマスパーランドに白鯨でも乗りに行こうかと思っていたり、第二候補としてセントレアに併設されている、ボーイング787初号機展示施設の「フライトオブドリームス」を見物しようかと、画策していたわけですが...

続きを読む

開園28周年(および7回目の開園記念日)の「ナムコ・ワンダーエッグ」トークイベント

 阿佐ヶ谷・ロフトAにて、『ナムコワンダーエッグ〜パークイベントを語るトークショー』が開催。

f:id:netanker:20200229233346j:plain

f:id:netanker:20200229233354j:plain

 開園当時のイベントチームスタッフである貞方祥さん、清水寿子さん、そして元ナムコ・テーマパーク事業部長の池澤守さんの3人を中心としたトークショーです。

 ワンダーエッグはオープン日が1992年2月29日故に、開園記念日は4年に1回しか来ないという特殊なパーク。それもあってうるう年である今日の開催には、当時を懐かしんだ方々を中心に沢山のお客さんが来ていました。

 

続きを読む

Y澤精肉店(オバケン:特殊捜査0課)

方南町の商店街の一角に最近オープンした「Y澤精肉店」。

f:id:netanker:20200228000143j:plain

 一見なんの変哲もないお肉屋さんです。

f:id:netanker:20200228000152j:plain

 公式ホームページもあります。

 

 しかし、この肉屋さんには秘密が...

 

 

続きを読む

ARシューティング『ジュラシックアイランド』

今回のハウステンボスでの目的の一つが『ジュラシックアイランド』2018年夏にオープンしたアトラクションです。

ハウステンボス・ハーバータウンのマリンターミナルから「モササウルス号」で出港。

f:id:netanker:20200221214137j:plain

f:id:netanker:20200221214141j:plain

 大村湾を約40分航行すると、無人島の「長島」が現れます。ここがジュラシックアイランドの会場です。写真右側にある小さな島にある桟橋に着岸。そこから「長島」に続く橋と堤防を歩いて渡ります。

f:id:netanker:20200221214144j:plain

 上陸後もさらに歩き、ベースキャンプに向かいます。

続きを読む

弾丸ハウステンボス

ハウステンボスへ日帰り弾丸旅行。

始発便の長崎空港行き(07:25発)に乗り、リムジンバスでハウステンボスへ。

f:id:netanker:20200221231005j:plain

 前回は2014年に、コスタビクトリアクルーズの寄港地で立ち寄った時(当時の日記)なので約6年ぶり。

 今回はマイル修行も兼ねていますが、もう一つの目的が、ハウステンボスに以前から設置されているロケーションベースVR(AR)アトラクションをチェックすること(と言っても、先日スリラーシティがクローズになったため、ホラー系VRを中心に利用できるVRは減ってしまいましたが)。

続きを読む