ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負(プロフィール参照)。

東京ジョイポリス【ゼロレイテンシーVR】の新作『FAR CRY』&謎解きVR『Escape The Lost Pyramid』

【ゼロレイテンシーVR】『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』

 東京ジョイポリスの、フィールドを自由に歩き回って最大6人まで同時参加できるVRアトラクション【ゼロレイテンシーVR】に、本日より第5弾となる新作コンテンツ『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』が登場しました。

f:id:netanker:20211012230908p:plain
f:id:netanker:20211012230918p:plain
メイン・イメージビジュアル(ゼロレイテンシー社公式サイトより

 これまでの3作品が「ゾンビ退治」、1作品が「暴走ロボット破壊」であったのに対し、本作は「残虐な海賊集団への反撃」となります。

【公式ストーリー】
ここは南国の楽園“ルークアイランド”。
青い空、煌めく海に囲まれたこの美しい島で、友人たちと人生で最高のバカンスを過ごしていた。
――バース率いる海賊たちに捕らえられるまでは。
娯楽に飢え、暇を持て余していた海賊たちによる残忍な狩りの”獲物”にされてしまったあなたは、無事にこの島から脱出できるのだろうか?
生き残るために戦い抜き、ジャングルの奥地でバースと対面したとき、あなたは真の“狂気“を目の当たりにするだろう。

 本作はUBIソフトが様々なプラットフォームで展開しているオープンワールドFPSゲームFARCRY』のシリーズ3作目の設定を基本としたオリジナルストーリー。

f:id:netanker:20211012231837p:plain

f:id:netanker:20211012230923p:plain

f:id:netanker:20211012230926p:plain

プレイイメージ(ニュースリリース写真より

 ジャングルでの戦闘から始まり、チームメンバーの協力で敵の海賊たちを排除しながら、脱出を目指します…が、途中から予想外の展開に。

 使用できる武器は「アサルトライフル」と「ボウガン」。銃についている武器切り替えボタンで交換します。

 第1〜4弾コンテンツでは、敵が間近までに迫ってくることが多かったため、得点稼ぎのためのヘッドショットを狙わなければ、半ば闇雲に撃っても敵を殲滅させることができました。しかし、今回の『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』は、画質や動きの認識感度が格段に向上した【ゼロレイテンシーVR】第二世代システム向けに開発されたため、遠距離の的に対して正確な射撃を必要とするシチュエーションが増えました。特にボウガンの場合は判定がかなりシビアです。

 

 プレイ後は他のコンテンツ同様、メールでスコア情報が届きます。表示前にアンケートページがありますが、任意ですので「NO」(日本語表示では誤訳で「番号」になってます)を選べばすぐに表示されます。

f:id:netanker:20211016220026p:plain
f:id:netanker:20211016215502p:plain

 初日のプレイ結果は50,400点。感覚としてはやはりボウガンでのヘッドショットが高得点になるような感じでした。

 

 プレイ時間は45分(ブリーフィング15分含む)となっており、従来のコンテンツ(約30分)より長くなっています。そのため、プレイ料金も少し高い1回2,500円です(従来コンテンツ1回2,000円)。

 現在、従来コンテンツと時間帯入れ替えとなっているため、『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』は1日1回限りの運営です。10月中の予約はすでに満席になっていますので体験を希望される方は、公式サイトで11月以降の予約日時をご確認ください(現在はまだスケジュールが発表になっていません)。なお公式サイトから予約サイトに進むと、本国オーストラリアのシステムにつながります。少々癖があるシステムなので、名前が上手く入力できない場合は言語設定を英語モードに切り替えて、ローマ字で入力するのをオススメします。

tokyo-joypolis.com

 

『Escape The Lost Pyramid』

f:id:netanker:20211016214654j:plain

 また、併せて期間限定で2022年1月15日までの土日祝日限定で、謎解きVRアトラクション『Escape The Lost Pyramid』も登場しました。

 

 プレイは必ず2人で行います。1人プレイは出来ません。

 椅子に座り、VRゴーグルとコントローラーを装着したら、まずは移動やアイテムの操作をチュートリアルで学びます。コントローラーで使用するのはトリガーボタンのみ。トリガーを引きつつ行きたい方向の床を示しトリガーを離すと移動。椅子は左右に回転するので向きたい方向にはそのまま身体を回します。

 掴めるアイテムやレバーは触りながらトリガーを引くと掴めます。

f:id:netanker:20211012230930p:plain

チュートリアル兼キャラメイクステージ(ニュースリリース写真より

 チュートリアルのラストはキャラメイキング4体の人形を掴むと基本ボディが変わり、マスクやアクセサリーを掴むと装着します。

 ちなみに上記写真の手前にある、アヌビスマスクを装着すると、視界の上部に鼻先がちゃんと見えます(時に邪魔になりますがw)。

f:id:netanker:20211012230933p:plain

場面写真(ニュースリリース写真より

 チュートリアルが終了したら、ゲームスタート。

 ピラミッドに潜入し、数々の仕掛けをクリアしながら制限時間までに最上部に設置されている【秘宝のかけら】を取得できればクリアとなります。

 クリアには相互の協力が必須です。時には二人が離れた距離にいて互い見えない場所にいる場合もありますが、内蔵マイクで会話ができるので、自身の状況を伝えながら、クリアを目指しましょう。

 制限時間は40分。スタッフさんによれば、一般のプレイヤーで制限時間中に全体の80%ぐらいの達成率になるように調整されているとのことです。VR謎解きに慣れていれば初見でのクリアも十分可能でした。

tokyo-joypolis.com

 

 今回の2コンテンツの追加で、東京ジョイポリスでは、『TOWERTAG』や、セルフ操作のアーケードゲーム機タイプ『VAR BOX』『ビートセイバーアーケード』を含めると、VRアトラクションが5機種、12タイトルとなります。VRコンテンツにかなり積極的なパークなので、今後も楽しみです。

 

富士急ハイランド『FUJIYAMAウォーク』他

 本日は富士急ハイランドへ。

 今回の主目的は、今年オープンした『FUJIYAMA TOWER』の『FUJIYAMAウォーク』。前回、プレオープン時に言った時はタワーには登れましたが、ウォークは体験できなかったので初体験。

 1Fのカウンターでウォークの受付をすると、手首にQRコード付きリストバンドを巻かれます。これは後ほど使います。

 前回と少し手荷物の規定が変わったようで、以前は「携帯電話以外の手荷物の一切」持ち込み禁止(カメラも禁止)だったのですが、

f:id:netanker:20211015222603j:plain

「ネックストラップのあるカメラや双眼鏡」はOKになりました。

 なお、この注意書きでは「ポケットに入るカメラ」もOKのように記載されていますが、実は上部に登った場所には「ポケットからものを取り出すこと」が禁止という掲示が貼られているので、厳密に解釈すればネックストラップがなくて、ポケットに入れたカメラは、タワー上部では利用できないことになりますので要注意です。

 

 エレベータで登ったら、階段を降りウォークの受付でチケット提示。ここではポケットの中身含め全てロッカーに預けます。ハーネスを装着したら、いよいよ柵の外へ。

 

 ハーネスは2本のロープで、上部のレールに繋がっていますので、万一1本切れても大丈夫ですw。
 上部レールは2本ありますが、体験者が使用するのは片方のみ。もう一方はスタッフ専用となっています。これは恐らく、どうしても動けなくなってしまった体験者がいたり、風で飛んできた障害物が通路に引っかかった時などに、スタッフが体験者を追い抜いて急行できるようになっているようです。

 最初は広い通路で、左手には手すりもあるので余裕ですが、まず手すりが無くなり、さらに踏み板に隙間が増えてきます。ちょっとした下り坂を過ぎると、隙間が広がって来ます。

 上り坂の途中にフォトスポット。腕につけたQRコードを脇のリーダにかざすと10秒後に写真撮影。こちらの写真は後で確認・購入できます。

f:id:netanker:20211015222608j:plain

緊張で目が笑ってない。

 隣にFUJIYAMAのレールがあるのでタイミングが良ければ、コースターが通過するタイミングで撮影できるかも(他の体験者の状況をみると、FUJIYAMAがファーストドロップを落ち始めたぐらいのタイミングでかざすと良さそうです)。

 撮影後は最後の直線。踏み板はかなり細くなっていますので、気を緩めずに。

 踏み板の状況がどんな感じかは、こちらのニュースサイトに掲載されているものを参考にすると良いと思います。

travel.watch.impress.co.jp

 

 感想としては、かなりスリルのあるものでした。ただし、相模湖プレジャーフォレストの『風天』に比べると足元が安定している分、落ち着いていれば誰でもちゃんとゴールできる感じです。

 

netanker.hatenablog.jp

 

 今日は平日ですが、修学旅行生が多く来ておりコロナ後の平日としては比較的混雑している感じでした。

 そのおかげで、もう一つの目的としていた『絶望要塞3』は長蛇の列。

f:id:netanker:20211015222605j:plain

 やむを得ず全て絶叫優先券で4回挑戦(絶叫優先券も時間帯によっては売り切れているような感じでした)結果は惨敗。簡単になったという話ですが、どこが簡単になったのかわからないレベルでした(制限時間が少し長くなったのかも知れませんが、苦手なミッションはそれでもやっぱり駄目)。

 

 ほかは『FUJIYAMA』『パニッククロック』などを体験して終了。

 

ニャンジャタウンで猫分補給

 東急ハンズ池袋店の閉店に伴い、店内にあった猫と遊べる施設「ねこぶくろ」も閉店が決定。その猫たちがそのまま、ナンジャタウン内にお引越しし、「ニャンジャタウン」として10月1日にオープンしました。

f:id:netanker:20211010000534j:plain

 入口はナンジャタウン園内、旧ナンジャコアのザ・ウォール1Fエリア。

f:id:netanker:20211010000546j:plain

 ずらりと並んだキャットタワーで、猫たちが思い思いに過ごしています。

f:id:netanker:20211010000539j:plain
f:id:netanker:20211010000541j:plain
f:id:netanker:20211010000548j:plain
f:id:netanker:20211010000543j:plain

 猫なんで、寝てる子も多いですが、何匹かはウロウロしてます。抱っこは禁止ですが、撫でてあげると、うっとりしてくれたりもします。

 料金は1時間800円(ナンジャタウンの入園料は別に必要です)。施設内で利用可能なおもちゃや、おやつは入場時に券売機で購入できます(入場してからは買えません)。

 

 ナンジャタウンのデザート横丁では、ニャンジャタウンオープンを記念した限定デザートを販売中。

f:id:netanker:20211010001603j:plain
f:id:netanker:20211010000551j:plain

 クリームで作られた猫手が鯛を捕まえているイメージのパフェがかわいいですね。

 

 帰りに閉店セール中の東急ハンズで「ねこぶくろ」を確認。

f:id:netanker:20211010000600j:plain
f:id:netanker:20211010000602j:plain

 まだ入口も、内装もそのままのようでした。

 

 「ねこぶくろ」の前にいた時、ちょうど通りがかったカップルが、入口の貼り紙をみて「ねこぶくろ、サンシャインに移転したんだ」と言っているのを聞きました。Twitterや、公式サイトなどでは告知がありますが、まだあまり周知されていないのかもしれませんね。

 

 「ニャンジャタウン」は「ねこぶくろ」に比べると、内装がかなりシンプルなのですが、もしかしたら東急ハンズ閉店後に、こちらの内装からいくつかニャンジャタウンに持っていくものもあるかも知れません。

f:id:netanker:20211010000537j:plain

 今の所、バス停だけはニャンジャタウンの入口に移設されていました。

 ニャンジャタウンがねこぶくろ同様に、猫たちの楽しい生活の場になっていくことを願っています。

 

event.bandainamco-am.co.jp

 

netanker.hatenablog.jp

 

 

いにしえのハンバーガーチェーン「サンテオレ」

 今回は「まやかし展覧会」とは別にもう一つ目的が。

 かつて日本にマクドナルドが進出した後、それに負けじと多数のハンバーガーチェーン店がオープンしました。モスバーガーロッテリアなどなど、いまでも健在なチェーンもあれば、バーガーキングなどのように一度は日本撤退し、再度進出を果たしたチェーン、あるいは「ウェンディーズファーストキッチン」のように統合して生き抜いているお店、そして、一時期は日本各地に出店していたものの、競争に破れ風前の灯火となってしまったチェーン店もあります。

 有名なのは「ドムドムハンバーガー」。しかし、ここ最近は浅草・花やしきに新店舗を出店するなど、盛り返しの兆しが見えてきています。

 そしてもうひとつが「サンテオレ」。かつて「明治サンテオレ」として明治乳業グループが展開していたバーガーチェーンです(その後、独立)。

 1990年代には100店舗(100店舗目は富士急ハイランド店でした)以上あったお店も、閉鎖が続き、2021年2月に伊勢崎店の閉店を以って、残りの店舗は2店舗になってしまいました。

 今回訪れたのは、東金店。

f:id:netanker:20211007230043j:plain

 もう1店残っている横浜の日本大通店は、独立後の開店・駅施設内ということもあり、今風のおしゃれなカフェといった店構えだそうですが、この東金店は、昔ながらの雰囲気が漂っています。

 ショッピングモールのフードコートにあるので、ラーメンを提供する「讃亭茶屋」も併設されています。

f:id:netanker:20211007233353j:plain

 コロッケバーガーセットを注文。

 メニューの看板だとポテトの袋はサンテオレのデザインでしたが、現在はもう在庫がないのか、業務用の既製品になっていました。

 

 私自身「サンテオレ」を利用するのは、恐らくナムコワンダーエッグで「グリーディームーン」という名前で出店していた時以来。20年以上ぶりです。

 多分その時もコロッケバーガーを食べていたような気がするのですが、おぼろげな記憶しか無く…。

 

 あと2件になってしまったお店ですが、これから新店舗などの計画はあるのでしょうか。気になるところです。

 

5度目の「まやかし展覧会」

 前回から11ヶ月ぶりの「まやかし展覧会」。ほぼ1年に1回お邪魔しているペースです。

f:id:netanker:20211007230033j:plain

 館長のじゃんぼちゃんは、新たな展示物を製作中でした(色塗り前の物体)。これは何になるのでしょう?(答え聞いてますが、出来てのお楽しみということで)。

f:id:netanker:20211007230036j:plain
f:id:netanker:20211007230038j:plain

 アメリカンな展示だったメインの小屋内は昭和グッズ展示に変わっていました。

 また小屋の2階建て化計画は始まったばかりで、仮の床が出来ている程度とのこと。今後は階下の補強と、外階段、そして屋根の嵩上げといった感じでしょうか。

 次回来た時は完成しているかな?

 

(GoogleMap上には施設の場所は記載されていませんのでご注意を。Yahoo!マップや、Appleマップをご使用ください)

 

まやかし展覧会/千葉県東金市 - まやかし展覧会・昭和レトロ・千葉県昭和レトロ

 

最近は、じゃんぼちゃんはTVバラエティの「ナニコレ珍百景」の常連になっていて、女装姿での出演が名物になっています。今でも日曜日など女装対応日には女装で接客し、そのまま買い物などにも行っているそうですよ。

(そろそろまた、番組で取り上げられるのではないかとのこと。なかなか事前の番組情報に掲載されないので、見逃してばかりなので次は頑張って見てみよう)。

 

…と、日記を書こうとしたつい先程、関東で大きめの地震がありました。展示物とか大丈夫かな。ちょっと心配。

 

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

 

小笠原父島旅行(5) 半日クルージング&帰路へ

最終日。お世話になった宿をチェックアウトして、「おがまるパック」のオプションツアー半日クルージングへ。

f:id:netanker:20210921142751j:plain

絶好のクルージング日和。

f:id:netanker:20210921142753j:plain
f:id:netanker:20210921142756j:plain

まずは無人島・南島に上陸。ここはガイドさん無しには上陸が許可されておらず、また1ツアーごとに滞在時間も決められている島。ガイドルートのすぐ脇にもひな鳥のいる巣があるような自然豊かな島です。

f:id:netanker:20210921142802j:plain

南島で一番人気の扇池。

f:id:netanker:20210921142804j:plain

無数の足跡は生まれたばかりの子ガメ達が海に向かって歩いていった跡。しかし、迷って海までたどり着けず死んで干からびてしまった子ガメも砂浜には多数ありました。厳しい生存競争の第一段階。

 

船に戻り、イルカスイム。他のツアー船とともに沖に向かうとイルカ発見。1回のツアーで海に入れる回数も5回までと決められているので、チャンスを逃さずすぐに海に入らなければいけません。

f:id:netanker:20210921142818j:plain
f:id:netanker:20210921142815j:plain

なんとか無事に、イルカと一緒に泳ぐことができました。

これまで、利島グアムの2箇所でイルカに出会えなかったので、感動です。

 

船は兄島付近に移動、珊瑚の海でもひと泳ぎ。

f:id:netanker:20210921142823j:plain
f:id:netanker:20210921142820j:plain

 

おがさわら丸の出港まで多少の時間があるので、昼食(グアバうどん。麺にグアバが練り込まれている)と、お土産を買って、客船ターミナルへ。

15時出港。デッキからお見送りを見学。


www.youtube.com

 

24時間の船旅で帰路へ。

f:id:netanker:20210921142807j:plainおがまるかき氷。

日没頃までは雲が多少ある程度でしたが、次第に雲行きが怪しくなります。

夕食を終えた頃にはかなりの揺れがあり、デッキに出てみると、飛沫がかなり多くかかりました。

f:id:netanker:20210921142810j:plain

(この後、デッキは安全のために翌朝東京湾内に入るまで閉鎖)。

 台風14号の影響がまだ海には残っていたようです。

 それでも翌朝、大島近くまで来たときには天候は回復、揺れも収まりました。

f:id:netanker:20210921142813j:plain

 かすかに見える富士山。

 

 途中での予想到着時刻は30分おくれでしたが、実際には10分遅れ程度で竹芝桟橋に到着。長い旅は終わりました。

 

 下手な海外より時間がかかり、なかなか簡単には行けない場所ですが、たまにはのんびりとした旅も良いものですね。

 

 

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

 

小笠原父島旅行(4) 境浦海岸で遊泳&港町サイクリング

午前中は宿から徒歩10分ほどの場所にある境浦海岸で遊泳。

f:id:netanker:20210921135050j:plain

沖に見えるのは戦時中に被弾しここで沈没した貨物船・濱江丸。おおむね100m位の距離なので充分泳いでたどり着けます。

f:id:netanker:20210921135057j:plain
f:id:netanker:20210921135054j:plain

比較的干潮に近いタイミングで水面にはこのくらい姿を表していますが、年々崩壊してきているのでそのうち全て海のそこに沈んでしまうでしょう。

水中撮影に挑戦。


www.youtube.com

沈んだ部分は魚たちの住処になってます。

 

昼は宿から村営バスに乗り、港町エリアへ、食堂・波食波食で昼食。

f:id:netanker:20210921135016j:plain
f:id:netanker:20210921135013j:plain

小笠原でしか食べられないメニューの「アオウミガメ」を頂きました。私は漬け丼、妻は刺し身。魚というより肉に近い触感でした(馬肉っぽいという意見も多いようです)。

 

レンタル自転車を借りて港をサイクリング。山の方に行かなければ平坦な道ばかりなのでシティサイクル(3時間1,000円)で充分。

f:id:netanker:20210921135010j:plain
f:id:netanker:20210921135024j:plain

猫耳な建物(壁には顔も)は「ねこ待合所」。

f:id:netanker:20210921135021j:plain
f:id:netanker:20210921135018j:plain

小笠原では本来猫はおらず、本土から持ち込まれた猫が脱走、野生化し増えてしまっています。猫たちは固有種の鳥などを食べてしまうため、島内各所に罠を仕掛け捕獲作戦が行われています。捕獲された猫(野猫)はここで一旦預けられ、人に慣らす訓練の後に、本土の動物病院などを通じて飼い猫として引き取られています。これまで引き取られた猫たちの似顔絵が壁にぎっしり描かれています(猫は見学できません)。

f:id:netanker:20210921135026j:plain

小笠原水産センター。

f:id:netanker:20210921135031j:plain
f:id:netanker:20210921135029j:plain

小さな水族館があり、小笠原周辺の魚たちの一部が飼育展示されています。ここの本来の目的は、海域調査や漁船との無線通信、技術指導など小笠原の漁業に関する全てを担っています。

 

f:id:netanker:20210921135034j:plain
f:id:netanker:20210921135037j:plain

小笠原海洋センター。アオウミガメを中心に、さまざまな小笠原近辺の海洋生物調査などを実施している施設。

f:id:netanker:20210921135039j:plain
f:id:netanker:20210921135042j:plain

ウミガメの卵を孵化させ、飼育し、海に放流する活動も行っています。

 

その他、お土産物やさんや生協、スーパーなど一通り巡り、かき氷で一服して宿に戻りました。

f:id:netanker:20210921135044j:plain
f:id:netanker:20210921135047j:plain

3時間あれば港内のめぼしいところは全て回りきってしまうくらいで丁度良いですね(それ以上は暑さにメゲてしまうかも…)。

 

 

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp