ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負(プロフィール参照)。

RED° SHOOTING

 7月1日より、東京タワー下の『Red° TOKYO TOWER』に新アトラクション『RED° SHOOTING』が開始となりました。

RED° SHOOTING入口と整理券

 これは、先週イベント総合EXPOで、渡邉油化ブースにて出展されていた『ギャラクシーエクリプス』を使用したシューティングタイプのアトラクションです。

 現在は時間指定整理券方式で運営されており、受付でまず整理券を受け取り、指定時間になったら再度集合します。

 会場内での注意事項(撮影や飲食禁止、音響、照明、足元注意など)を聞いたら、映像にてルール説明。現在は「1st SEASONサバイバル」として、スマホアプリゲーム『PUBG MOBILE』の世界観を体感する設定です。Red° TOKYO TOWERのアトラクションの中では珍しく、世界設定に合わせたスタッフによる演出での進行があります。

 武器庫にてベストと銃の装着。この武器庫で一旦荷物を置きますがプレイ後はここには戻らないため、小物などはかばんの中にしまっておいたほうが良いです。

 装着したら銃の説明。

イベントEXPO時に装備した銃

 この銃はトリガーを引く利き手の反対を銃身を支える位置でしっかり握っていないとセンサーにより弾が出ないようになっています。たまにこのセンサーが凄くシビアに判定する場合があるので注意が必要です。練習の射撃で確実に弾が出る持ち位置を確認しておきましょう。

 準備ができたらいよいよフィールドへ。

公式サイトに掲載の内部写真

 今回はチームで協力して、制限時間内に敵を全て撃ち倒すのが目的です。基本的には障害物の陰に隠れて、タイミングを見計らって撃つような感じになります。

 プレイ中弾切れになった場合はリロードボタンでカートリッジ残数分まではリロードできますが、カートリッジ残数がなくなった場合は、フィールド中央にある補給装置で補給が必要です。補給装置の周りはあまり遮蔽物が無いのでなかなか補給は大変かもしれません。

 ゲームは3ステージあり、クリアするごとに次のステージへ挑戦できます。

 難易度はだんだん上がっていくので、普通は第2ステージで終了というパターンが多そうです。

 どんな敵がいるのかは、今は秘密にしておきますので、実際に体験してみてください。

 

 Red°TokyoTowerでは同じく7月1日より1Fフロアに、子供向けスペース『Red° KIDS』をオープン。また8月からは飲食エリア『Red° SHOKUDO』がオープンするとのこと。他にもまだオープン準備中のエリア(1Fには『Red°BOAT』など扉も。ボートレース系でしょうか)もあるので、まだまだ発展していきそうです。



 

 

イベント総合 EXPO

 6月29日〜7月1日に東京ビッグサイトで開催中の「イベント総合 EXPO」に立ち寄り(同じ展示会運営会社が開催している「コンテンツEXPO」に仕事で見学に行ったついでですw)。

 岡本製作所は、自力で動かすミニ絶叫マシン「スーパースインガー」を展示していて、目を引いています。似たようなタイプのアトラクションはありましたが、安全性の向上などが図られているようです。

星光技研のミストスクリーン。上から吹き下ろすタイプのものはTDLカリブの海賊など様々なアトラクションで導入されていますが、これは横から吹き出しているタイプ。

写真だとあまり良く見えませんが、実際にはドラゴンが空中を動いているように見えます。

 

渡邊油化では、レーザータグ(対戦型レーザーシューティング)機器『ギャラクシーエクリプス』を展示。25年ぐらい前に、様々なテーマパークなどに導入されて人気となった「Q-ZAR」(インターネット・アーカイブに残っていた昔作ったサイト)を彷彿とさせます。

LASERTAG.NETという、世界では有名なレーザータグ機器メーカーの日本総代理店として渡邊油化が今後、日本各地のパークなどにセールスしていくとのことです。

LASERTAG社公式サイトより

バックパックも銃も、Q-ZARに比べるとかなり軽く、動きに制約は少ない感じです。センサーは前面、背面、両肩、銃にあります。肩などを撃たれた時にはその部分が振動するのでどこが撃たれたかも感じることが出来ます。
銃には小さいディスプレイがあり、ダメージや残弾数などを表示。ゲームモードにもよりますが、連射出来たり、リロードボタンで残弾を復活(ただし所有するカートリッジ残数まで)できます。

オプション機器として爆弾(点火して一定時間すると付近一帯にいるプレイヤーが全員ダメージ)や、タッチすることでカートリッジを追加する機能のあるターミナルなどがあります。

これらのゲームモードは、オペレーターの持つタブレット端末で様々な設定が可能。純粋なチーム戦の他、バトルロワイヤル、ボス防衛などかなり細かい設定が可能なようです。

ゲームモードがプレイできるかは導入される施設によって変わると思いますが、どのモードも面白そうです。

まず日本では最初に、7月1日よりRED° TOKYO TOWERで運営開始とのことですので、近いうちに体験しに行きたいと思います。

 

 

 

テーマパークラボ『謎解き観覧車の隣のゴンドラからの脱出』

お台場・青海地区の「パレットタウン観覧車」へ。

既にパレットタウンの殆どの施設が閉鎖・解体作業が始まっている中で、観覧車と「チームラボボーダレス」のみ8月まで営業中。

そんなパレットタウン観覧車で本日から7月10日までの土日限定で、テーマパークラボ主催の謎解きイベント『謎解き観覧車の隣のゴンドラからの脱出』が開催されています。早速体験。

続きを読む

城島高原パーク

城島高原パークに来たのは14年ぶり。当時はまだ「城島後楽園ゆうえんち」という名前でした(その後、運営が変わって現在の名称に)。

今年パークをリニューアルして、園内メインストリートはアルプス風になっていました。

ジュピター

 まずはやはりメインアトラクションの木製コースター「ジュピター」。

木製⇒もくせい⇒木星⇒ジュピター

 

 木製コースターはその構造上、走行中の振動がものすごく激しく、前回乗ったときの記憶でもかなり振動に翻弄されたイメージがありましたが、今回は思ったほどの振動ではなく爽快感の方が勝った感じです。

 他の「スーパーL&Sコースター」「ゴールドラッシュ」にも乗りましたが、「ゴールドラッシュ」の方がジュピターよりも振動が激しく身体に堪えるコースターでした。

バードマン

 プリーパス対象外の「バードマン」も体験。ハーネスがかなりがっちりしているためか、最上部に巻き上げられた時もそれほど怖さは感じず、さくっと飛べました。風を切って滑空するのは気持ちいいですね。

 

VAR LIVE

 

施設型VRアトラクション。かつて池袋にあった「VR PARK IKEBUKURO」や、埼玉にあった「VR CENTER」などで運用されていた「ゾンビジュエル」「CITY HERO」が体験できる施設でしたが、6月19日を持って運営終了。今回はギリギリのタイミングでした。

他の施設でも未体験だった「ゾンビジュエル2」を体験。「ゾンビジュエル」ではゾンビの襲撃を受けた刑務所から無事に脱出したところで終了でしたが、「2」ではその脱出後からのストーリー。前回同様2名がマシンガン、2名がショットガン、1名がハンドガンを選んで5人までの同時プレイ。刑務所を無事抜け出せたプレイヤーたちが、1台のトラックを確保。看守(NPC)が運転するトラックの荷台に乗って、押し寄せるゾンビたちを撃退していくというもの。

ダメージを何度か受けると戦闘不能になり、参加者が全員戦闘不能になるとそこで終了(戦闘不能になっても誰かが生き延びている場合は、暫く経つと復活できる)というゲームルールは前作と同様でした。

今回のプレイでは残念ながら中盤でゲームオーバー。銃が重たいので物理的にもハードでした。

なお、VAR LIVEは運営終了になりますが、VRライドシアター(「恐竜戯画」や「宇宙疾風」)は運営を継続しています。今後また別のコンテンツが導入されることに期待したいですね。

 

その他アトラクション…

「めめめのめがまる忍者村」

今年オープンしたばかりの新アトラクション。キャッチコピーは「お化けじゃない屋敷」。

 登場するのは目玉のお化けたちばかり。人間から教わったと言われる様々な忍術で、体験者を惑わせてくれます。暗い部分もあったりはしますが、基本的には「お化け屋敷じゃない」の通り、怖くない、おもしろ屋敷でした。

 フリーパスでは1回しか利用できないのが残念。

 

「シューティングパイレーツ」

 屋内ライド型のシューティングアトラクション。

 ライドがゆっくり回転しながら、海賊たちの集めた奇妙な財宝を撃っていくもの。1周がすごく短く、ターゲットに中々当たらない、トリガーが硬いなど、クソゲー要素が高いにも関わらず、ついつい躍起になってプレイを繰り返してしまうという中毒性があります。

 最初は1000点取れるのがやっとでしたが、何とか2500点までは取れました。

 

 城島後楽園ゆうえんちから運営が変わり、パーク内が綺麗になっても、昔ながらの遊園地感がしっかり残っているパークでした。

 

 

※14年前の訪問時記事はこちら。

netanker.hatenablog.jp

 

2年半ぶりの別府帰省で「ひな」と久々に

コロナの影響で2年半ぶりに妻の実家の別府へ。

甲斐犬の「ひな」は、一気にお婆ちゃん犬になっていました。

以前は、私を見ると尻尾を振りながらやって来たのですが、今は目も耳もあまり良くないようで、果たして気づいてくれていたのかどうか…。

また少し認知症の症状があるとのこと。ヨタヨタとした感じで部屋中を歩き回っています。

内臓などは年齢の割には若いとのことで少し安心しましたが。

 

次に別府に行けるのは恐らく1年後。まだ元気でいてほしいな。

 

 

 

謎を解いて答えを置け『OKE!』


 下北沢のTumbleweed (タンブルウィード) が運営するヒラメカにて『ひらめきアクションゲーム「OKE!」』に挑戦。ヒラメカではかなり以前に『TableT』を挑戦して以来2回目です。

OKE!公式サイトより

 最大4名までの協力プレイですが、今回は私だけのソロ挑戦。

 部屋の中には、ヌイグルミなど様々なアイテムが置かれています。

 ルールは簡単、画面上に表示された指示に従い「答えを、指示された場所に置く」ことで正解であれば次の指示が出ていくというもの。全5ステージあり、それぞれのクリアタイムでランク表示されます。また、総合結果での合計タイムが50分以内であればエクストラステージに挑戦できます。

 当然ながら最初は簡単で、単純にそのまま指定されたものを指定された場所に置くだけで正解になります。が、だんだんと一筋縄では行かなく…これ以上はネタバレ禁止なので書けません。

 最終結果は62分11秒。50分には全然届きませんでした。

 後半は全然閃きが無く、時間が進むごとにもらえるヒントを見ながらでしたので、当然の結果でしょう。

 

 よくある謎解きゲームのように、紙と鉛筆でウンウン唸りながら解くものではなく、身体を動かしながら試行錯誤していくタイプの謎解きは、やはり楽しいですね。時間内クリアできなくても満足な謎解きでした。

 

 

上野で中華と動物園

妻と上野動物園へ。旅行のたびに地方の動物園に行っているものの、上野動物園に行くのは2006年以来。

と、その前に昼ご飯として、ネットの友人の間で話題になっていた『撒椒小酒館上野店』へ。店内は中華風の装飾で一杯。店員さんだけでなくお客さんも含めほぼ中国人でまるで中国にいるかのような雰囲気。

入口で待っているお客さんがごちゃごちゃしていて解りにくいのですが、レジに居るスタッフさんに声かけて順番待ちリストに入れてもらいました(ここでどうしたら良いか解らずに帰ってしまうお客さんもいました)。

殆どのスタッフさんには片言でも日本語は伝わりますし、オーダーは端末なので、言葉が通じない心配はありません。

ランチの定食は880円で大皿の1人1品を頼めば、ライス・スープ・小皿料理は食べ放題でかなりお得。四川料理のお店ですが、それほど辛くない料理も多いので、辛さが苦手な人でも大丈夫。

ちょっと食べ過ぎ状態でした。

 

久しぶりの上野動物園

国立博物館に行くときなど時々、正門の前を通ることはあったものの、久しぶりに入園。園内がまったく様変わりしていました。

天気も良いため園内は大混雑。ジャイアントパンダについては事前抽選予約制なので今回は見ませんでしたが、その整理券所持者向けの列も大行列でした。なお、「レッサーパンダ」も「パンダの森」エリアにありますが、その展示場には予約なしでも入れました。

一通り眺めるだけでも半日経ってしまいました。

 休止したままのモノレールは東園駅側にそのまま残されています。修理ができないため休止になっていますが、新たに跨座式(現在は懸垂式)で新たに設置される計画があるとのこと。この風景も見納めかもしれません。