ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。

hexaRide(ヘキサライド)

 お台場青海のダイバーシティ東京に今月オープンしたばかりのVRシアター施設『hexaRide』に行きました。

 場所はダイバーシティ東京5Fの西側エスカレータ前。

f:id:netanker:20181109231634j:plain

 アパレル店舗と玩具店に挟まれているような場所に、テナントの一つとして店舗があり、ゴツいモーションシステムが通路から見える形なのでちょっと違和感があります(同一フロアにはMR施設のTyffoniumもあるのですが、Tyffoniumは壁で囲んでいるので中は見えません)。

 

 カウンターで時間指定のチケットを購入(現在は時間帯により日本語・英語・中国語に分かれています)し、スタンバイ。

 まずVTRにて、利用方法の注意事項のほか、このhexaRideが「異空間との接点を出現させる最新の空間移送ビークル」であるという設定、そして今回のコンテンツである『攻殻機動隊GHOST CHASER』の説明を受けてから搭乗。

 hexaRideは4人がけの座席が外向きに三角の形に並んだ、6軸モーション(6軸故に「ヘキサ」なのかな)が、前後左右に激しく動きます。

f:id:netanker:20181109231940j:plain

(利用中は写真撮影出来ないことになっているので公式の画像を引用。左下に映っているのがモーションライド上に設置された座席)


 座席のシートはメッシュタイプで、富士急ハイランドのドーム型モーションシアターアトラクション「富士飛行社」と同タイプ(それもそのはずで、ライドのメーカーは同じ)。滑り止め効果もあり、激しい動きでもお尻が滑るといったようなことはありません。

 そのライドにVR HMDを装着した状態で搭乗するので、かなり激しい映像体験をすることが出来ます。
 モーションライド+VRの場合は、VR映像とライドの動きが完全にシンクロしていないとひどい乗り物酔いを起こす原因になります。今回の「攻殻機動隊」を体験した限りにおいては、シンクロ率はかなり良いものであると感じました。

 しかしながら、原作の「攻殻機動隊」が人体をも電脳空間に接続している世界という設定でありるため、登場人物や武器などに幾度となくダイブ、そのたびに視点がコロコロと切り替わります。VR映像においては酔いの原因となるので、視点は原則として勝手には動かさないことが鉄則ですが、それを大幅に逸脱しています。そのためモーションとのシンクロがかなり良いにもかかわらず、VRやモーションライドに慣れている私でも、体調次第では酔ってしまいそうな感じがありました。

 慣れていない人、酔いやすい人は注意が必要でしょう。

 

 また、先にも記載したとおり、ショッピングセンターのテナントとして入っている形なのですが、ショッピングを目的として来ているお客さんにはなかなか訴求しにくいのではないかという心配があります。ここに設置するより、どこかのテーマパークや遊園地に設置したほうが利用客も増えそうに思います。

 ひょっとすると、かつてのVRZONEや、現在も同一フロアで営業しているTyffoniumのように、ショールーム的な位置づけでの展開で、これから各遊園地やテーマパークなどに売り込みを図るためなのかもしれませんね。

 

公式サイト:https://www.hexaride.jp/

 

JOYPOLIS VR SHIBUYA

 10月25日に渋谷にオープンしたばかりの『JOYPOLIS VR SHIBUYA』に行ってきました。

f:id:netanker:20181102214921j:plain

 東京ジョイポリスなどを運営し、セガエンタテインメントのゲームセンターに施設向けVRを導入しているCAセガジョイポリス株式会社の新業態店舗です。

 渋谷のハチ公前スクランブル交差点を渡ってすぐの場所にあるショッピングビル「MAGNET by SHIBUYA109」の6Fスペースのおよそ半分の敷地で運営しています。

 コンテンツは『Terminator Salvation』『ギリギリ!高所VR』『TOWER TAG』『THE DOOR』の4つ。東京ジョイポリスなどで可動している『TOWER TAG』以外はいずれも日本初のコンテンツです。

 

『ギリギリ!高所VR

f:id:netanker:20181102214951j:plain

フィールド内の壁にある細い足場を伝いながらゴールまで進んでいくコンテンツ。スタート地点の足場に立ちVRゴーグルを装着すると、そこは高層ビルの上。壁に手を付きながらゆっくりゆっくり進んでいきます。
 途中、足場が不安定な場所や、僅かな段差がある場所など、簡単には進めないような仕掛けが随所にあります。「VRZONE SHINJUKU」の『高所恐怖SHOW』や「VRPARK TOKYO」の『カイジVR〜絶望の鉄骨渡り〜』などとはまた違った高所体験ができます。

f:id:netanker:20181102215017j:plain
 このコンテンツフィールドはトリックアートになっているので、プレイ中に写真を取ると(自分では撮れませんが…)、中々面白い写真になりそうです。

 

 

『TERMINATOR SALVATION VR

f:id:netanker:20181102215036j:plain
 この施設のメインコンテンツ。施設面積のほぼ半分をこのコンテンツのフィールドが締めています(3フィールド)。

 映画『ターミネーター』(本国サイトを観る限りでは『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の設定のようです)での抵抗軍のメンバーとなり、戦闘区域内のスカイネット通信設備を破壊するミッションに挑むコンテンツです。

f:id:netanker:20181102215058j:plain
 4人までの同時プレイが可能でフィールド内を自由に歩きながら全方向から攻撃してくるターミネーターを破壊していきます。
 装着するバックパック型PC付きのベストには振動装置があり、撃たれていると被弾した感覚があります。途中のギミックを操作するシーンでは、VR空間上と連動した実物の操作も必要になります。
 装着するのは「バックパック型PC付きのベスト」「VRゴーグル」と、「銃」のみ。手には銃以外のセンサー類は装着しません。しかし、指1本1本の動きまで再現できます。これは驚きました(ただし、せっかくのこの精度が活かされるシーンが今の所ほぼないのですが)。

 

 ストーリー設定上、潜入時に敵を欺くため、身体は機械の見た目に擬態してのプレイになります。顔だけは事前に登録した本人の顔になっています(鏡があるシーンでは自分の顔も確認できる)。

 プレイ終了後には参加者全員の集合写真と、プレイ中のダイジェストムービーを閲覧できるURLがメールで届きます。 

f:id:netanker:20181102215356j:plain

  ダイジェストムービーはダウンロードできます(私の顔がアップ向きではないのでw、アップ時は顔にYouTube自動ボカシかけてますが、本来は顔もしっかり映っているのが売りです)。


Terminator Salvation: Fight for the Future

 実はオープン直後このコンテンツはシステムの不具合で運休しており、復旧したのが今日からでした。現在もまだ一部の機能が制限されていたり、プレイ中に不具合が発生することがあるようです。そのため3フィールドあるうち、1フィールドのみでの暫定営業になっていました。

 まだ若干気になるところはあったのですが、現在も調整が続けられているので、本運用になった際には改めて挑戦したいコンテンツでした。

 残りの2つのコンテンツ、『THE DOOR』(ホラー系謎解きゲーム)は2人プレイ専用、『TOWER TAG』は時東京ジョイポリスにもあるので今回はプレイしませんでした。

 

 渋谷という土地柄、カップルやグループをターゲットにした施設ですので、私のような中年客にはちょっと、入りにくい感じもありますが、平日などであれば1人でも浮かずに利用できそうです。

 

公式サイト:JOYPOLIS VR SHIBUYA |

 

冒険川下りVR ラピッドリバー

 台風接近という日でしたが、知人がVRZONE SHINJUKUに来ていると聞いて、また新アクティビティの「冒険川下りVR ラピッドリバー」を体験しに1ヶ月ぶりくらいに入園。

 昼頃の入園でしたが、この時点では通常の土日レベルの混雑。午前中にアイドルマスターのステージがあった直後だったことも影響してか、「ラピッドリバーVR」は一時的に90分待ちになっていました。

 それでも他のアクティビティを利用している間に待ち列は30分まで減少していたので並んで利用。

f:id:netanker:20180930230411j:plain

 場所は旧「絶望ジャングル」の場所で、4人乗り筐体が3台並んでいます。

f:id:netanker:20180930230510j:plain

 HMDはVIVE Pro。左右への回転と揺れのあるライドに乗り、VIVEトラッカーがついたスティックを動かすことで、オールを漕ぐ事ができます。

 それぞれ右側に座った人は右のオール、左側に座った人は左側のオールを担当。

 リアルな座席は背中合わせですが、映像内では全員同じ方向を向いている形になります。

 全員で同じように漕げば直進、右側の人だけが漕げば左方向、左側の人だけが漕げば右方向に曲がります。

 今回3人での利用だったので、左側に曲がるときに漕ぐ右担当が1人だけという状態になり、普通に全員で漕ぐと右側に曲がって行きやすくなっていました。3人だと力の微調整が少し難しいですね。

 コースは2コースで、途中遺跡コースと激流コースに分岐します。分岐点でも自然と右の激流コースへ。

 

 VR映像もライドも結構激しく動きますが、あまり酔いは発生しません。以前記事でも読んだのですが、映像もライドの両方がちゃんとシンクロして動いている限り、激しい動きでも酔いは少ないそうです(なので、ライドを止めて同じ映像をみると逆に酔いやすいとのこと)。

 

 みんなでワイワイ漕ぎながらプレイできる楽しいアクティビティでした。

 

 なお、このアクティビティは2〜4名の利用限定となっており、1人での利用は出来ないことになっています。1人だと片側のオールしか漕げないのでゲームにならないというのが主な理由です。

 同じように1人だとゲームにならないアクティビティは他にもあるのですが、例えばマリオカートなどでは他のグループとの相席での利用が可能です。しかしこのラピッドリバーVRはリタイア時の対応の関係で相席は行っていません。

 また、ボトムズなどのようにアクティビティがスタートしてから、オペレーターが参加するというのも、筐体の動きの安全上出来ないようです。

 もしかすると、閑散時などで手の空いている他のスタッフが居るときに同席をしてくれるのかもしれませんが、基本は1人でのプレイが出来ないので要注意です。
vrzone-pic.com

 

おまけ

 本日は台風接近のため、18時で閉園になっていました。そのせいか14時位からは園内かなりお客さんが減ってました。

f:id:netanker:20180930232028j:plain

 JRも止まることを発表していたので、他のパークも早期閉園したところがほとんどだったようですね。

 

 

 

イノフェスと別視点

妻がライブで外出しているので、別行動。

急遽2箇所の目的地を急ぎ足で巡ることにしました。

1箇所目は、六本木ヒルズで開催の「イノフェス」(イノベーションワールドフェスタ)。最新技術を中心としたアートや音楽の融合イベントです。

ただし、メインイベントとなるアリーナなどの有料ゾーンは今回はパス。無料ゾーンにある、様々な最新エンタメ技術展示だけをざっとめぐりました。

f:id:netanker:20180930000542j:plain

f:id:netanker:20180930000605j:plain

 今回体験したのは、Curiosityさんの「Real Fantasy」。米国のSXSWというイベントで展示されていて話題になっていたものです。
 演出上暗くしたテント内でのプレイなので、写真は撮ってません。下記の公式サイトに紹介があります。

www.curiosity-inc.jp

 HTC VIVEのHMDを使用せず、トラッカーだけを利用してプレイヤーの行動を認識しているシステムのようです(システム的にはバハムートディスコに近い?)。

 さらにロボットや透過スクリーン、プロジェクションマッピングなどの演出もあります。
 今回はテント設置の簡易版かつ、プロトタイプのショートバージョンだったので、粗はありましたが、簡単で楽しくプレイできました。
 今後のバージョンアップで単発のゲームアトラクションとしても面白いものになりそうですが、個人的には謎解きや、探索系のアトラクションと組み合わせて、ミッションをクリアできた人が最後に獲得できるアイテムとしての杖でラスボスに挑む…といったシチュエーションだともっと燃えるように思いました。

 

 その他のブースでは、HADOの体験ブースや、自転車でナガシマスパーランドのスチールドラゴンを走行するシーンをVR体験できるものなどもありました。

f:id:netanker:20180930001717j:plain

 

 イノフェスは30分ぐらいで退散(なので、体験はほぼしてない)。蒲田に移動。

 

 蒲田の温泉銭湯「ゆ〜シティー蒲田」のホールを貸し切りで開催されていた『合同会社別視点設立大宴会』に参加。

f:id:netanker:20180930002604j:plain

 B級スポット探索ブログ「別視点ガイド」から始まり、「別視点ツアー」を運営するため立ち上げた「有限事業組合別視点」が、今年の7月ついに合同会社として法人化した記念パーティです。

 といっても、場所もそうですが内容も「B級スポット好きが集まった宴会」なので、私が会場に到着したときには、参加者の半数ぐらいがかなり酔っ払ってました。

 それにしても参加者の多いこと。50人位いたのではないでしょうか。これがみんな一癖も二癖もあるマニアばかりとなると壮観です(人のことは言えませんがw)。

 twitterなどでは交流があったものの、直接お会いしたことがなかった方ともお話できました。

 最近中々別視点さんのイベントやツアーに参加できずで、今回も短時間の参加でしたが濃厚な時間を過ごすことが出来ました。

f:id:netanker:20180930002629j:plain社長以下、社員の皆様。

今後の会社の発展をお祈りします。

 

合同会社 別視点 – 「別視点ツアー」を運営する 合同会社 別視点の会社ウェブサイトです。

 

リアル潜入ゲーム✕メタルギアソリッド

 東京ミステリーサーカスの「リアル潜入ゲーム」が、新しく「リアル潜入ゲーム✕メタルギアソリッド 〜極秘兵器メタルギアを破壊せよ〜」に変わってから、初挑戦。

f:id:netanker:20180929233239j:plain

 ネタバレ禁止なので、ゲーム開始前に説明を受ける部分だけしか記載できませんが、前作「リアル潜入ゲーム2」(ちなみに1は未経験。1については名古屋で現在可動しているようです)と基本的なプレイスタイルは一緒です。

 専用ベストと専用端末を持って、敵のアジトに潜入して、メタルギア破壊のミッションを達成できれば成功。

 アジト内には特殊なウィルスが蔓延していて、専用ベストの機能で無効化しているという設定。そのため専用ベストのバッテリーが0になってしまうとゲームオーバー。

 開始時のバッテリーは残量は15分。専用端末に残り時間が記載されています。

 前作のときはバッテリー残量が30分だったので大幅に少なくなっています。ただし、今回は潜入中にバッテリーを回復させるアイテムがあるので、実質的には30分程度の持ち時間になります。

 アジト内を巡回している敵兵士に見つかって銃撃を受けたり、トラップに引っかかるとベストの防御装置が作動して身を守ってくれる代わりにバッテリー残量が減ってしまうというのも前作同様です。

 

 実際にプレイした感触では、前作よりは若干簡単になっている感じがあります。ミッションそのものは初回でクリアできました。ただし、今回は称号制度があり、条件をクリアして称号を獲得していくと景品を獲得できるとのこと。上位ランクや称号獲得を目指すとかなり高難易度になっていくのではないかと思います。

 

 ギミックも多くてかなり楽しいのですが、利用料金が前作同様高く、ソロプレイだと1回3800円(前売り価格)というのはお財布に優しくないですね。称号全獲得を目指すのはちょっと金銭的に無理そうです(あと1〜2回はやりたいですが)。

 基本的に東京ミステリーサーカスを含むSCRAPさんの謎解き系は、おひとりさまに厳しいものが多く(1人の時は強制的に他の参加者と組まされるのも多いので人見知りだとなかなか…)そのせいか、東京ミステリーサーカスのイベントは、リアル潜入ゲームと、監獄からの脱出しか興味がわかず、利用してないんですよね...

 

mysterycircus.jp

 

 

秋田旅行(5):秋田犬と戯れる

 小坂からバスで大館市内に戻り大館樹海ドーム前下車。

f:id:netanker:20180917161643j:plain

 バス停の目の前に、小坂鉄道の廃線跡が。まだレールもしっかり残っています。

f:id:netanker:20180917161736j:plain
 今日の宿、「ふるさわ温泉光葉館」。ここを選んだ理由は、温泉があることと、看板犬の秋田犬がいること。

f:id:netanker:20180917162019j:plain

 温(はる)ちゃんと、娘の華(はな)ちゃん。しっぽの巻きが母娘逆。


大館市ふるさわ温泉光葉館の秋田犬

 華ちゃんは生まれてまだ4ヶ月。でも秋田犬は大型犬なので、普通にいる成犬よりも大きいです。ただ性格は子供で遊び盛り。温ちゃんも遊び相手になってあげています。

f:id:netanker:20180917162333j:plain

f:id:netanker:20180917162349j:plain

f:id:netanker:20180917162409j:plain

 2頭とも人懐っこく、いっぱいモフモフさせてくれました。

 

 翌朝チェックアウトの際に、温ちゃんと記念写真。

f:id:netanker:20180917162805j:plain

 


 

 

 最終日は、大館駅から秋田駅経由で秋田空港、昼の便で帰路につきました。

f:id:netanker:20180917163254j:plain

 上空からみても田んぼがいっぱい。さすが米どころ。

f:id:netanker:20180917163340j:plainf:id:netanker:20180917163356j:plain

 機内で食べようと空港で買った鶏めしのお弁当が、ブルートレイン時代には予約必至の大館駅の駅弁だったというのは偶然。美味しかったですよ。


 

秋田旅行:行先決めと目次

秋田旅行(4):レールバイク&レールパーク

 かなりバタバタな朝。秋田駅07:28発の列車に乗らなければ間に合わないので、6:45開始の朝食を10分程度で済ませ、7時にはチェックアウト、バス停に急ぎ秋田駅へ。
 無事間に合って一息...と、ここで
 「遅れている接続列車の到着まで出発を遅らせます」のアナウンス。ちょっと拍子抜けしてしまいました。

 約10分遅れで出発。1時間40分ほど列車に揺られ大館駅

f:id:netanker:20180917151432j:plainf:id:netanker:20180917151458j:plain

 秋田犬のふるさとであり、ハチ公の出身地でもあるため、ゆかりの像が駅前に。

f:id:netanker:20180917151335j:plainf:id:netanker:20180917151405j:plain

 また、駅前の「ふれあい処」では観光駅長がお出迎え。

f:id:netanker:20180917151708j:plainf:id:netanker:20180917151742j:plain

 2頭のうち飛鳥ちゃんは体調を崩してしまっているようでお休み。あこちゃんが取材に応じていました(BSジャパンらしい)。

秋田犬ふれあい隊 秋田犬ふれあい処 - 秋田県大館市


 バス待ちの間に駅から徒歩すぐのところにある映画館・御成座の入口だけ観覧。

f:id:netanker:20180917152157j:plain
 ここは閉鎖されていた映画館でしたが、偶然知らずに建物を住居用に借りた現在の家主さんが、せっかくなのでと復活させたという映画館です。
 東北最古の映画館がこんな形で復活するというのはすごいですね。

onariza.oodate.or.jp

 バスの時刻になったので駅に戻りバスに乗車。20分ほど揺られ、清風荘前で下車。

f:id:netanker:20180917152652j:plain

 山の中のなにもないような場所に、目的地「大館・小坂鉄道レールバイク」のスタート地点があります。

f:id:netanker:20180917152956j:plain

 廃線になった旧小坂鉄道のレールをそのままに、自転車を改造して作った乗り物「レールバイク」で人力走行するアトラクションです(日本国内には他にも何箇所か同様の施設があります)。

 ここでは、大人2人用、大人子ども2人用、4人用、動力付き、トロッコ車両など様々なバリエーションの中から選んで利用でします。我々は2人乗りの8号車。

f:id:netanker:20180917153249j:plain

 渓流沿いのレールを走行。上り勾配では少々体力が必要ですが、その他の場所はかなり楽に走行できます。


大館・小坂レールバイク

 片道約2kmを走行したら、ターンテーブルで反転してもと来た道を戻ります。帰りは下り坂中心なのでブレーキをかけないとかなり速度が出ます。

 爽快感のあるアクティビティでした。 

レールバイク 秋田 | 大館・小坂鉄道レールバイク

 

 次のバス時間までは、渓流沿いの散策コースを散歩。

f:id:netanker:20180917154018j:plain

 

 暑すぎず、心地よい自然を満喫。

 バスで30分ほど移動し小坂へ。

f:id:netanker:20180917154521j:plain

 先程のレールバイクのレールの終着点、旧小坂駅と操車場跡をそのまま活用した「小坂鉄道レールパーク」。

f:id:netanker:20180917154553j:plain

 入園チケットは硬券きっぷ。自分でダッチングマシンで日付を刻印し、スタッフに改札鋏を入れてもらって入場。

 駅のホームにて、予約していた「小坂駅弁」のお昼ご飯。小坂の特産品「桃豚(無菌豚)」を焼いたものに山椒がかかったお弁当です。加熱式容器なのでホカホカ。

f:id:netanker:20180917154950j:plain
 大(1200円)と小(800円)を買いましたが、小でも結構な大きさです。

 昼食後パーク内を散策。

f:id:netanker:20180917155218j:plain

 寝台列車ブルートレインあけぼのは、現在でも宿泊施設として利用されています。昼は展示用のホームに止まっていますが、夜は宿泊者用のホームに移動させています。また、冬季閉館中は2.5km先のトンネルで保管するため、廃線レール上を走行させているそうです。いまでも動かし続けているブルートレインという稀有な車両です。

f:id:netanker:20180917155802j:plain

f:id:netanker:20180917155839j:plain

f:id:netanker:20180917155908j:plain


小坂鉄道レールパーク・トロッコ列車

 

 あけぼのの他にも、動態保存していて予約により体験運転も可能なディーゼル機関車や、エボルタ乾電池CMで使われたの電池鉄道車両トロッコ列車など、規模はそれほど大きくない鉄道博物館ですが、なかなかにレアな展示が多くあり、楽しい博物館でした。

f:id:netanker:20180917160532j:plain

f:id:netanker:20180917160559j:plain

f:id:netanker:20180917160617j:plain
 博物館近郊もこの地域が鉱山で栄えた明治時代の建物が展示用に残っているだけでなく、演芸舞台としていまでも常設公演している康楽館や、移設した旧鉱山事務所など観光に力を入れている町でした。

 観光バスやマイカーで訪れている人は結構多いようで、駐車場にはかなりの車が止まっていました。

 鉄道は廃線になっているので、公共交通機関で行くのはちょっと大変ですが、路線バスの本数は大館駅鹿角花輪駅から1時間に1本程度あり、また高速バスも近くを通っているので、男鹿に比べれば行きやすい場所でした。

 

kosaka-rp.com

www.town.kosaka.akita.jp

秋田旅行:行先決めと目次