ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

『東京クロノス』制作共犯者ミーティングに参加

 現在WEBサイトやこのブログなどに勝手にバナー貼って応援している、開発中のVRミステリーアドベンチャーゲーム『東京クロノス』(MyDearest株式会社)の「制作共犯者ミーティングVol.4」に参加しました。

f:id:netanker:20181214230458j:plain

 到着すると、今回は主人公たちの高校の校章がデザインされたシールを貰いました。毎回イベントごとに違ったシールなどが貰えるので嬉しいですね。
 開演までの間に、自分のOculusGoを持って舞台脇のPCへ。イベント参加者は、ここで期間限定のデモ版(持っていない方は終演後に同じものを体験可能)をインストールできます。

 以前のイベントで見ることが出来たデモ版は、ゲーム開始直後から最初の3人に出会うまででしたが、今回のデモは「VR空間で紡ぐ8人の高校生の疑念渦巻くミステリー」である本作品の8人全員のボイスを公開する意味もあるのか、既に主人公含む4人が揃った状態からスタートし、新たに4人が加わるまでの内容になっていました。なので、初めて体験する場合は事前に公式サイトなどであらすじを読んでおく必要があります。

f:id:netanker:20181214232157j:plain

 客層は、どちらかというと作品本体に興味があって参加しているという方、もしくは既に色々なイベントに参加しているという方が中心でした(以前は、ゲストの男性声優さん目的の方が大半を占めていたりもしましたが。でもそれはそれで、新たなお客さんに作品を紹介する場としては良いと思います)。

 登壇は総合プロデューサーの岸上健人さん、監督の柏倉晴樹さん、ゲストとして声優出演している朴璐美さん、桜あずさん(後に途中から、普通に客としてきていた柚木尚子さんも)。
 私自身は声優さんについての知識が疎いので、出演作品など一部ついていけない内容もありましたが、そんな声優に疎い私でも名前は知っているという大御所も出演というのが、この作品のすごいところの一つでもありますね。

(イベント開演中は撮影禁止になっているので写真はありません)

 


「東京クロノス」第2弾トレイラー / 藍井エイル「UNLIMITED」

 イベントではまず、現在の開発進捗状況の報告から。最新PVではサビしか流れなかったオープニング曲のフルバージョンが初お披露目されたり、まだ未公開だった背景シーンのいくつか(書店内シーンなどは、OculusGOの再現可能限界ギリギリのレベルまで作り込んでいるそうです)が公開。

 

 また、イベントの当日完成したばかりという9人によるボイスシーンも...あれ、9人?「VR空間で紡ぐ8人の高校生の疑念渦巻くミステリー」だよね?

 ということで、ここで謎の新キャラ「ロウ」が登場しました。当然ながらかなり重要そうなキャラクターになりそうです。

 今回のデモ版を朴さんが体験しながら実況プレイするコーナーでは、キャラの声と本人の声がシンクロしてなんだか不思議な雰囲気に。

 その他、質問コーナーや、じゃんけん大会、色々な裏話などもあって、あっという間の90分間でした。

 

 最後に今後の予定として、来月には期間制限の無いデモ版が公開、3月のアニメジャパン出展などの情報が告知されました。またそのころ、OculusGoが抽選で当たるキャンペーンも実施予定とのことです。

 順調に進んでいるようで、今後も楽しみです。

 

おまけ。

f:id:netanker:20181214234555j:plain

今回の会場にはこんなロゴのタペストリーが。よく見ると「C」の中に「東京」の文字が。イベント内では何の言及もなかったのですが、このロゴは何だろう...気になります(よく見ると、第二弾トレーラーには表示されてますね)。

 

tokyochronos.com