ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

大阪旅行(1):太陽の塔、EXPO70パビリオン

 ロケーションベースVR施設『VRZONE OSAKA』閉館のニュースを聞き、妻と大阪へ。ナイトパスポートの利用開始時間までは時間があるので、夕方まで万博記念公園

太陽の塔

f:id:netanker:20201027212741j:plain

 大阪には何度か来ていますが、まだエキスポランドの営業中に遊園地だけを目的に行っただけで、公園側は初めて。秋晴れの行楽日和なので、公園内には沢山の人が訪れ、広場にはテントも多数建てられていました。

 

 今回事前に予約して「太陽の塔」内部に潜入。

f:id:netanker:20201027213439j:plain

 内部は1Fエリアのみ撮影可能。2Fより上は撮影禁止です。中央部の「生命の樹」には生物誕生の初期から、上に行くに従い生物進化を見ることが出来ます。上の方が大型生物が多いのですが、通路などもあるので写真で見通すのは困難です。 

  万博閉幕以降非公開だった内部が2018年の再公開の際に、大規模に補修などが行われていますが、ゴリラの頭部(稼働ロボットだったようです)など欠落したものもありました。

 リニューアルで耐震補強などは行われているものの、古い施設ゆえに、一度に見学できる人数は制限されています。特に最上部フロアは、かなり厳格な人数制限を行っていました。

EXPO’70 パビリオン

 続いて『EXPO’70 パビリオン』。

f:id:netanker:20201027212745j:plain

 万博会期中「鉄鋼館」だった施設がそのまま残され、内部が万博博物館になっています。

f:id:netanker:20201027212749j:plain
f:id:netanker:20201027212752j:plain
f:id:netanker:20201027212804j:plain
f:id:netanker:20201027212814j:plain

 万博計画時の設定資料集や、開催時のパネル、衣装などが多数(展示しきれない収蔵物もまだたくさんあるそうです)。

f:id:netanker:20201027212800j:plain
f:id:netanker:20201027212756j:plain

 建物中央部は当時使用されていたステージがあり、光と音の演出が現在も行われています。

f:id:netanker:20201027212807j:plain
f:id:netanker:20201027212810j:plain

 遊園地ファン向けの注目展示は、万博会場内にあった遊園地「エキスポランド」関連の展示コーナー。当時のアトラクションマップや、人気ランキングがありました。

 

 私は1970年の大阪万博の会期中が誕生日なので、行ったことはないのになんだか親近感がありました。

 

 

大阪旅行(2):NIFREL ニフレル - ねおあみ日記

大阪旅行(3):VRZONE OSAKA最終日 - ねおあみ日記

大阪旅行(4):USJ - ねおあみ日記