ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

ESCAPE FROM NINE ROOMS『止まらない豪華列車からの脱出』と...

東京ミステリーサーカスで開催中の『止まらない豪華列車からの脱出』に妻と挑戦。

実は当初4月に予約を入れていたのですが、緊急事態宣言に伴いキャンセルとなっていたもの。6月の再開とともに改めて予約しました。

f:id:netanker:20200606221339j:plain

「ESCAPE FROM NINE ROOMS」は、「9つの部屋に仕掛けられた謎を順番に解きながら、最後の部屋から脱出する」シリーズで、本アトラクションは、以前横浜のアソビルで挑戦したものに続く第二弾。

 

netanker.hatenablog.jp

 

 謎解きマニア向けに特別に作られた豪華列車の内覧会に招待した参加者が、9号車に乗車し、スタッフから説明を受けていると、突然列車が暴走。50分後に終点で激突してしまうまでに、1号車にある緊急停止レバーを引いて車両を止めるのがミッション。

 各号車の扉を開けるためには、予め手渡された端末に提示される謎を、各部屋のギミックを駆使して解かなければなりません。各部屋での滞在時間が一定時間を超えると端末にヒントが出てきます。制限時間の50分を超えてしまった場合、1人1000円で10分間のコンティニューが可能。なお、1号車のみルールが異なり、到達までの残り時間が10分以上あっても制限時間は10分になります(もちろん残り時間が10分未満の場合はそのまま)。また1号車でのコンティニューは不可。これらは横浜の第一弾と同様のルールです。

 ネタバレは禁止なのでこれ以上は書けませんし、車内の写真も載せられません。 

f:id:netanker:20200606221342j:plain

 唯一の例外は、車外から覗ける9号車の一部。

 

 今回妻と挑戦して結果は...2号車で時間切れ。その後コンティニューして2号車はクリアしたものの1号車でゲームオーバーでした。

f:id:netanker:20200606221345j:plain

 最終結果画面。ゲージの▼が平均クリア時間。5号車以外全部平均より時間かかってました...(1号車は時間切れ)。これじゃぁ無理ですね。

 

 今回、『止まらない豪華列車からの脱出』の参加の前後に、東京ミステリーサーカスでもう一つ挑戦。最近公式サイトで存在が公表され(それと同時に閉店が告知され)た『ひみつ喫茶室』の捜索。違和感を探し歩いていました。妻が違和感を発見してくれたおかげで、それは発見。ただ、予約は満席で利用できませんでした。先の日程も予約できる日時は結構埋まってしまっていて厳しい...(予約システムが解りにく過ぎというのも...)。閉店までに行ければいいなぁ。