ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負(プロフィール参照)。

小笠原父島旅行(3) 戦跡&ナイトツアー

滞在2日目は、戦跡ツアーとナイトツアー。朝、宿まで陸域専門ツアーガイド、マルベリーの吉井さんが迎えに来てくれて出発。

f:id:netanker:20210921120114j:plain珈琲山 海軍十二糎高角砲

戦跡のある場所は大部分が鬱蒼とした森の中。

もともとは周りの樹々が無く、海まで見通せるような高台に設置されていました。戦後そのまま放置され、周りが森になってしまったという感じです。

f:id:netanker:20210921120117j:plain
f:id:netanker:20210921120120j:plain

境浦海岸近くに墜落したカーチス・ヘルダイバー。これだけの残骸から機種が特定できるというのもすごいですね。

午前中は比較的道路から近くにある戦跡をめぐり、午後は夜明山周辺を徒歩で巡りました。

f:id:netanker:20210921120125j:plain
f:id:netanker:20210921120128j:plain

戦時中に掘られた壕の先にも砲台。

f:id:netanker:20210921120136j:plain

殆どの砲台はかなり朽ちていますが、中には砲身がしっかり残っているものもあります。海軍の武器と陸軍の武器がそれぞれあります。

f:id:netanker:20210921120130j:plain

途中、夜明山の山頂近くの展望エリアに滞在。

ここまでのルートは獣道のようなルートやちょっとした岩山を登るなど、ガイドがいなければ通ることができないような場所ばかりです。

f:id:netanker:20210921120133j:plain

陸軍の食器の残骸と、薬莢。付近にあったものが集められているため、陸軍のものと海軍のものが混ざってしまっているようです。

f:id:netanker:20210921120139j:plain

首なし二宮金次郎像。米軍統治時代に、首だけ持ち帰った人がいたらしいです。

 

一旦、宿に戻って夕日を眺めてから夕食。

f:id:netanker:20210921120142j:plain
f:id:netanker:20210921120144j:plain

今日の晩御飯には島寿しがありました。漬けの握りでわさびの代わりに辛子が使われているのが特徴。

 

夜はナイトツアー。出発時はあいにくの雨でしたが、亜熱帯植物センターでオオコウモリを見学したあとには雨も止みました。光るキノコ・グリーンペペは発見できず、別の発光キノコ・スズメタケを見学(写真は暗くて撮れませんでした)。

f:id:netanker:20210921120147j:plain

国立天文台電波望遠鏡。月明かりとライトアップ。

f:id:netanker:20210921120149j:plain
f:id:netanker:20210921120152j:plain

その他、トビウオ桟橋に集まるエイやフグ、宮之浜海岸のカニなどの生物見学をしました。

 

マルベリーさんのブログにも今回の行程がアップされています。

ogasawara-mulberry.net

 

 

 

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp

netanker.hatenablog.jp