ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

トニカクハコヲアケルノダ!【箱なぞ処 みち】

 東京・阿佐ヶ谷駅から北に徒歩10分ほどの距離に2月19日に【箱なぞ処 みち】がオープン。

f:id:netanker:20210225212042j:plain

 静岡の謎解きカフェ『ジェリーの謎解きルーム』や、各地の謎解きイベントなどで、様々な「箱なぞ」を開発・提供している、「かえりみち工房」さんの常設店です。

 「箱なぞ」は、その名の通り「箱を開けること」に特化したリアル謎解きコンテンツ。箱などに記されたヒントなどを元に、鍵を空けたり、他の鍵を見つけたり、途中で入手できる道具をつかったり…あまり細かく書くとネタバレになりそうなので、ここまでにしますが、とにかく箱を開け続け、最後の目的であるモノ(シンプルに「成功」と書かれたプレートだったり、もっと手の込んだものだったり)を取り出せれば成功というもの。(以前『ジェリーの謎解きルーム』で挑戦した箱なぞについてはこちら

 

 店内は4人・2グループまで滞在できるカフェスペース(カフェと言っても飲食の提供はありません。おやつや飲み物は持ち込み可)と、1グループのみの公演スペースがあります。

 カフェスペースは1グループあたり90分の時間予約制で、小〜中規模クラスの箱なぞをいくつか選んでプレイ(利用料は1人600円〜1800円。概ね10〜50分)。公演スペースでは難易度高めな箱なぞを1つ(制限時間30〜45分。全体の所要時間はロスタイムや解説など含め1時間強)プレイできます。

 

カフェ謎「十八番」「ロッキュー」

f:id:netanker:20210225212050j:plain
f:id:netanker:20210225212055j:plain

 今回はまずカフェ謎の中から、「かえ箱 その1 十八番(OHAKO)」と「ロッキュー」をプレイ。かえりみち工房の基本形とも言える謎です。

 十八番はかなりコンパクトな1人用の謎ですが、途中少しつまずいてしまったため10分14秒(まあまあな成績)。「ロッキュー」は途中ヒントカードも使いつつ、32分07秒でした。

 

 開かずの道具箱

f:id:netanker:20210225212103j:plain

 続いて公演謎「開かずの道具箱」に挑戦。

 一見するとシンプルに見える箱ですが、その分、かなりの曲者でした。

f:id:netanker:20210225212108j:plain

 結果は…。途中何回かヒントをもらいつつも30分以内には目的を達成できず失敗。なお、失敗しても最後までロスタイムとして時間の許す限り挑戦できます(最終的には35分23秒でした)。推奨プレイ人数は1〜2名ですが、1名だと中々気づきにくい謎などもありますね。

 

ガネーシャ

 最後にクラウドファンディング支援者限定のミニ箱なぞ「ガネーシャ」。

f:id:netanker:20210225212111j:plain

 アジアンテイストな鍵や、旅行を彷彿とさせるTSAロックなども使われています。CF支援者のリターンにはオリジナル六角レンチがありましたが、このミニ箱なぞに挑戦するときにはその六角レンチをお忘れなく(忘れても貸してもらえますが)。

 ミニ箱なぞといいつつ、ロッキュー並みに開け我意のある箱なぞでした。支援者限定なのは、一部試作品的な部分があるからとのことでした。公開版と全く遜色ないと思いましたが、そのあたりはクリエイターさんの細かいこだわりのようですね。

 

 箱なぞは所謂、謎解きイベントのような「頭の中でパズルを解いて」というより、試行錯誤しながら直感的にギミックを攻略していく要素の方が強い(コンテンツによってはパズル要素、知識要素が必要なものもあるかもしれませんが)ので、ギミック系が好きな方に特におすすめです。

 カフェなぞ、公演なぞともに事前予約制ですが、平日などはまだまだ空きがあり、直前でも予約できますので、ちょっとした空き時間などに訪れて、鍵開けに熱中してみるのはいかがでしょう?

 

www.hakonazodokoromichi.com