ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

ミステリータワーからの脱出

 SCRAPナゾビル吉祥寺にてスタートした『ミステリータワーからの脱出』に挑戦。

f:id:netanker:20201204223210j:plain

 全100フロアあるミステリータワーの1Fからスタートし、1回15分の制限時間内にどこまで到達できるか、また100フロアまで何回のプレイで到達できるかを競うタイプの新しい謎解きアトラクションです。

 ネタバレは禁止なので、詳しいことは書けませんが、公式サイトに記載の通り、各フロアにあるボタンやセンサー類を駆使し、出題された問題をクリアすれば部屋の扉が開き、次の部屋に進めるシステムです。

 最初の数フロアは問題を素直に読んで、その通りに操作すれば簡単にクリアできます。一種これがチュートリアルにもなり、最初の「なるほど!」と言えるこのタワー全体のプレイ方法が明らかになります。

 そこから先はフロアを進むごとに次第に難しくなり、様々な試行錯誤が必要になってきます。

f:id:netanker:20201204223213j:plain

 今回始めてのプレイでは21階まで到達。

 ここまでの感想としては、フロアクリアごとの難易度アップが絶妙で、少しずつ難しくなっているというのが感覚としてわかり楽しいです。

 終了後は、問題出題用画面にQRコードが表示され、それを読み込むことで次回は続きからプレイできるようになっています。

 

 内容としてはひたすらにギミックパズルを解き続けるというタイプです。特に(21階までの時点では)ストーリーがあるわけではないので、「リアル謎解きでは物語への没入を重視する」という人には向きません。逆に「色々試行錯誤しながらギミック操作するのが楽しい」という人には向いています。

 私は、「紙とペンでパズルを解く」タイプは苦手ですが、こういったギミック操作は好きなので向いているとは言えるでしょう(解けるかどうかは別として)。

 SNSなどでの記録を見ると、後半はかなり難解なようで1つのフロアだけで数回チャレンジしている人もいるようです。

 一方で、オープンしてまだ1週間程度しか経っていないにもかかわらずゴールしている人も増えてきているようで、本気の謎解き勢のパワーには脱帽です。

 

 私はまぁ、のんびり気楽に少しずつ進めたいと思います。

 

realdgame.jp