ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

リアル廃バスお化け屋敷『オバケバス』

 よみうりランドにこの夏限定で、ゾウンテッド社のリアル廃バスお化け屋敷『オバケバス』が停車中。

f:id:netanker:20190830001819j:plain

 お化け屋敷を本物のバスに組み込んだタイプのお化け屋敷で、どこへでも移動が可能という斬新なもの。よみうりランドの前には、高速バスのパーキングエリアで臨床実験(お化け屋敷営業)が行われていました。

 

 体験料金は、1人1500円。2人だと2000円。しかし、この手のお化け屋敷が苦手な人用に、怖さを半減させた「ビビリシート」がありこちらは1人500円です。

 わたしは...ビビりですのでw。

 ビビリシートは車内の前方席に着座します。通常シートは後方座席。

 何かが起こるのは主に後方です。しかし、真っ暗闇の中、気配はこちらにもにも伝わってきます。そして通常席から響き渡るお客さんの絶叫。

 意を決して後ろを振り向くと...

 

 十分ビビリシートでも怖かったです(まぁ、お化け屋敷が大好きな方には物足りないのでしょうけれど)。でも、このくらいなら、お子様や、お化け屋敷が苦手な人でも大丈夫でしょう。

 

f:id:netanker:20190830001848j:plain

 イベント会場を移動するときには実際にこのまま走行しているので、道路でこれを見かけた人はかなり驚くでしょうね。

 

 VHS風カメラなどを使って車体を色々撮影しました(車内は撮影していません)。


オバケバス@よみうりランド

 

 単純に移動式お化け屋敷なら、トレーラーなどにしたほうが室内の面積を広く取れますが、しかしトレーラーだと、どんなに怪しいペイントが描かれていても、インパクトが薄れてしまいそうです。やはり、よく利用する乗り物が、このようなデザインになっているというのが重要そうですね。

 

 よみうりランドでの臨床実験は今週末まで。その後はいつどこに出没するのか。 詳しい情報は公式サイトに掲載されるでしょう。

obake.red