ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

『絶望要塞』プレビューに参加


 富士急ハイランドに7月28日にオープンする新アトラクション「絶望要塞」のプレビューに招待されたので有給休暇を取って参加(といっても、夕方に外せない会議があるので昼過ぎには撤収しなければならない強行軍)。
 予め招待状には、「今回は前半部分のみの体験」と記載があり、実際まだまだ工事の真っ最中でした。オープンに間に合うのかちょっと心配。


 ネタバレ禁止になっているので、攻略法などは(ここには…)特に書きません。ここでは一番最初に説明される内容のみ紹介します。

 入館すると、まず囚人となり写真撮影。
 次に所長室で注意事項の説明と所長からのメッセージ。お約束ですがこの所長は囚人を虫ケラ程度にしか考えていない悪党です。
 続いてグループごとに牢屋に収監され、扉に鍵を掛けられます。ここで再度所長からのメッセージ、そして先に脱走を企てた先輩囚人からの説明があり、スタート。制限時間は10分。
 まずは、この牢屋の鍵を開けることが最初のミッション。これは余程不器用で無い限り簡単でしょう。鍵を開けて脱出すると次は先輩囚人の残したヒント探し。
 ヒントを集め、解読し、秘密の倉庫にたどり着くまでが今回の体験エリアでした。
 時間切れになると、リタイヤ出口から退出。
 出口では写真撮影時に受け取ったカードで、写真を購入できます(紙だと700円、ケータイ待受用データは300円)。

 ゲームそのものは、今回体験できたエリアだけでも難易度は高く、一回で倉庫にたどり着くのは不可能でしょう。私は2回目で秘密の倉庫の入口を見つけ、4回目でやっと解錠に成功しました。
 ただ、解錠に使う電子キーが不具合なのか全く反応しない(通常は正解でも誤答でもキーを押せば音がなる)ことがあり、しかもこの場所に来てしまうと閉じ込められてしまうという罠も。この辺りは当然オープンまでに解消されていることを願います(→8月に確認した所、解消されてました。というかプレビューの時に使用した扉が閉鎖され、もう一つの入口だけになっていました)。

 バグと思われる原因も含め5回挑戦して1回クリアという難易度。建物全体の広さから推測すると、恐らく今回のエリアは三分の一か、四分の一程度でしかなさそうです。
 外から見ると、監獄の建物にはクリア者用の出口がなく、そのまま旧戦国BASARA(ミニ富士山内部)に繋がっているようでした。恐らくそこが最終ステージなのでしょう。

 最初の牢屋が7部屋、1グループ4人だったとして1回28人(公式には定員30人と書いてある)。回転効率を最大限まで上げても10分サイクルでしか回せない(今回は15分サイクル程度)ので、時間当たり最大180人。回転率があまりよくないので、この夏などの待ち時間はかなりなことになりそう。クリアのためにはリピートが必須のアトラクションだけに回転率の悪さは厳しい。
 余りにも最初から難しく、するべきことが判り難いので、その辺りを再調整しないと、利用者が不満足のままになってしまうような気がします。
 第一ステージで探すべきヒントは変えられるようになっているので、調整もしやすそうです。
(逆にいえば、ヒントが頻繁に変わることで、リピーターにとっても飽きられず新たにヒントを探し直す楽しみがありますね)

 館内をかなり歩き回るので、身軽になっておくことをオススメします。ただし、メモと筆記用具は持っておいた方が無難です。

 さて、正式オープン後には何時行こう…少なくとも夏休み期間中には行きたくないですね(苦笑)。少し空いて来た頃にじっくりと挑戦したいと思います。

【追記】
…8月16日に正式運用後の初挑戦をしました。プレビュー時と変更点がかなりありました。
…12月に一部がリニューアルされました。新バーションはこちら

謎のページ

        • -

        • -

共同通信Youtube動画