ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

高円寺「まちの視点の百貨店」で街歩きゲーム

 合同会社別視点さん主催の街歩き型イベント「まちの視点の百貨店」(高円寺・阿佐ヶ谷)に参加。

f:id:netanker:20201213224730j:plain

 このイベントは、高円寺駅阿佐ヶ谷駅の高架下を中心に、「まちの魅力を発掘・体験する」ことが目的。受付で参加キットをもらってゲームスタート。

 参加キットには8つのミッション「アート壁の視点、はみ出す緑の視点、顔の視点、見立ての視点、看板文字の視点、片手袋の視点、誰かがいた跡の視点、街角DIYの視点」があり、街をめぐりながら、好きなミッションの視点に基づく写真を撮影してくるというもの(参加キットには専用フレームもあります)。

 1つ以上のミッションクリアで記念シール、4つ以上のミッションクリアで記念品(近隣のお店「アンドビール」のドリンク1杯券もしくは、「小杉湯」の入浴券)が貰えます。

  ミッションクリアの可否は、メイン会場のゴール窓口のスタッフさんが納得するか否かで決定。なので、言い張ればだいたいクリアですw。

 私が撮影した写真をいくつか(ミッションクリア用に提出したものとは限りません)。

f:id:netanker:20201213224738j:plain[DIYの視点]

f:id:netanker:20201213224742g:plain[顔の視点]

 これらのように、順当なものもあれば

f:id:netanker:20201213224715j:plain[見立ての視点]

 これは「バーベルに見立てた」ということでOK。

f:id:netanker:20201213224719j:plain[片手袋の視点]

 本来は「片手袋」を探すのですが、全然見つからず。しかし、それよりも難易度が高いかもしれない「片靴」を見つけ、提出したら「片手袋の意義と同じなのでOK」でした。ちなみに、妻が提出した「両方落ちてた手袋」でもOKでした。

 

 真剣に歩き回っていると、気がつけば高円寺駅阿佐ヶ谷駅を往復しまくって2時間半くらい時間がたっていました。また、ミッションとは関係ないところでも面白そうなお店なども何件かみかけました。こういったお店は多分今回のような街歩きをしないと見つけることはできなかったでしょう。

 

 今回の高円寺・阿佐ヶ谷にかぎらず、他の街でも今後行われるかもしれませんね。(江古田でやらないかなぁw)。

 

 単なるスタンプラリーや、はやりの謎解き系とはまた異なったタイプの、だれでも参加できる楽しいイベントでした。

maniafesta.jp