ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。

近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds

 当初今年の夏にオープン予定だったものの、延期になっていたVRZONE SHINJUKUの新アクティビティ「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」が本日オープン。
 オープン情報を得て、早速予約して本日体験してきました。

f:id:netanker:20171209182818j:plain

f:id:netanker:20171209181954j:plain利用の注意書き。
 このアクティビティは他のアクティビティよりも制限が細かいので、チケット交換時に詳細な注意事項が書かれた用紙を渡されます。

 

 オープン初日ということもあり、朝の段階で本日分は全てチケット完売していました。実は現在はまだ暫定運用のため、本来1ゲームあたり最大8名まで参加可能なところ、4名に限定しての運用になっているため1日の利用可能人数はかなり少なくなっています。体験したい方は予約必須。

 

 予約時間になり受付を済ませたら、荷物をロッカーに預けます(他のフリーローム系VRと同様、アクセサリーやポケットの中身、全てロッカーに預ける必要があります)。ロッカーはナンバー式になっており、設定した番号を忘れないよう要注意。

 荷物を預けたらブリーフィングルームへ。

 ここで、ミッションの説明。今回のプレイヤーは特殊部隊の新人という設定で、最初の任務として、とある施設に潜入したテロリストの排除を命じられます。
 このアクティビティは、予めαとΩにチーム分けされたチーム同士の対人戦ですが、設定上αチームは「施設内を占拠しているテロリストの排除」であり、Ωチームは「施設内に突入してくるテロリストの排除」と、あくまでも相手チームがテロリストであるという形になっています。

 注意事項などの説明を受けたら、装備の装着。
 まず両足の脛部分、続いて腰にセンサーを装着。VRユニットのバックパックを背負ったら、左手首(右利きの場合)にもセンサーを装着。

 

 準備ができたらフィールド内へ。

f:id:netanker:20171209181946j:plain
 かなり広いフィールド(12m×20m、東京ジョイポリスの「ZERO LATENCY VR」も240平方mとほぼ同じだが、中央の柱が無い分、プレイ可能フィールドは少し広いようです)で、最後の準備。
 HMD、マイク付きヘッドフォン、ハンドガンを装着。
 装着後に各装備の初期設定を行い準備完了。

f:id:netanker:20171209181942j:plain

 今回αチームだったので、まず最初に施設の壁に設置された爆弾を爆破してゲームスタート。VR空間内は、障害物で複雑な迷路の様になっています。

 現在は2vs2の各チームに、アシスト役のスタッフ1名づつがついての対戦になります。 同一チーム内は無線での通話もできるので、お互いの状況を伝えながら敵を攻撃していきます。

 プレイ中、早足以上の速度で歩いてしまうと、その足音から障害物の向こうでも、相手の姿がHMD上に表示されるようになるので、ゆっくり歩くよう注意しなければなりません。身体を3発、もしくは頭を1発撃たれると幽体のような形になり戦闘から離脱。リチャージエリアに行くことで、戦闘に復帰できます。ただし、リチャージエリアに向かう際に早足以上で歩いてしまうと復帰に時間がかかるというペナルティがあります。

 また、攻殻機動隊の世界らしい機能として「光学迷彩」を発動させ、敵から姿を一定時間隠すことができます(一度光学迷彩を使用すると、再度使用できるようになるまで時間がかかる)。なお、光学迷彩中も弾には当たるので、注意が必要です。

 ゲーム開始から一定時間が経つと、フィールド内の何処かにトランク型の情報端末が出現。このトランクに手を一定時間手をかざすと情報収集成功したとして高得点を獲得できます。ただ、この間は無防備なので他のチームメンバーの支援がないとなかなか獲得は難しいです(このあたり、かつてのQ-ZARのHQ攻撃を彷彿とさせますね)。

 

 ゲーム終了後、公式サイトから結果を閲覧できます。

f:id:netanker:20171209181930p:plain

 どうやら、13万点を超えるとAランクになるようです。

 

 1プレイ、2800円(入館料別)という高価格設定ながら、他のフリーロームVRと比較して、物凄い没入感で楽しめるアクティビティでした。

 

 

おまけ。VRZONEの館内はクリスマス風になってました。 

f:id:netanker:20171209182022j:plain

 時々ナムコキャラも隠れています。

 

 ⇒ロケーションベースVRデータベース