読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

3日目・佐世保到着

旅行 乗物

 今朝もラジオ体操に参加してから朝食へ。
 最後部の屋外テラス「テラッツアカフェ」にある、オムレツコーナーでオニオンオムレツを注文。


 オムレツ以外は隣のボレロビュッフェからセレクト。好きなものを好きなだけ食べられるのがビュッフェスタイルのメリットですが、ついつい食べ過ぎてしまいがちになるので自制が必要です。
 しかもクルーズ中、例え夜中であってもサンドイッチが用意されているので、24時間何かを食べ続けることも可能。下船日はともかくとして昨日のような終日航海日に食べて寝るだけの生活ができてしまうので、注意しないと太ります(苦笑)。その対策として、ジムやプール、バスケットコート、運動系のイベントなどが用意されているのですね。


 佐世保港には12時半に到着予定…だったのですが、10時過ぎには佐世保湾内に入港。


 デッキに景色を眺めに行った時、ちょうど水先案内人が乗り込むところでした。

 佐世保港は軍港でもあるので、自衛艦も多数。今回接岸する港もすぐとなりが自衛艦見学用の岸壁でした。

 予定より1時間近く早くに着岸。岸壁では歓迎セレモニーの準備が…間に合ってませんw。


 恐らくは入港に合わせての予定だったブラスバンドの方々やゆるきゃら達が大慌てで集まって来る中、急ぎ佐世保市長のご挨拶。
 そして、ブラスバンド演奏も始まりました。

 入港の案内を知って見に来た佐世保の方々も、「あれ、もう接岸しちゃってるよ」といった感じでやってくるのが、上からだと丸見えですw。

 さて、観光地では完全自由行動の他に、旅行会社が企画する別料金のツアーエクスカーション(いわゆるオプショナルツアー)があります。佐世保では九十九島観光やハウステンボス観光、ちょうど今日開催の有田陶器市観光など。これらのツアーに参加すると、出発時間が決まっているので通常は優先下船として自由行動の人よりも先に降りられるのですが、到着が早まったために今回は自由行動の人が先に下船できることになりました。
 出航時刻30分前の19時までしか自由時間が無いので、今回自由行動を選択した我々はその分、長く行動できるのでラッキーでした。
(ちなみにツアーの場合、ツアーバスの集合時間に間に合っていれば、そこからそのバスが渋滞などでどんなに遅れようとも船は出航を待ってくれます。自由行動の場合は待ってくれませんので船に乗り遅れたら…自腹で次の寄港地に行く必要があります)




 ゆるきゃら達に歓迎されながら下船。徒歩5分ほどでJR佐世保駅という非常に便利な場所です。
 この大型客船専用の岸壁はつい最近完成したばかりで、ターミナルビルや通路はまだ工事中でした。
 HIS(ハウステンボスの経営会社でもありますね)と佐世保市が協力して積極的に大型客船誘致を行っているようで、この岸壁が出来てから今まで長崎港に到着していた大型客船が佐世保に来るようになったそうです。

 JR佐世保駅から列車でハウステンボスへ。

 HTB入国前にお約束の場所で1枚。ここでサイコロキャラメルを振ってはいけません。

→目次に戻る