ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負。

浜松のロケーションベースVR施設『XCUBE』

新型コロナの影響で、マザリアやVRPARKなど都心では閉場が相次いでいる中、静岡県浜松市に『XCUBE』がオープン。

f:id:netanker:20200820223048j:plain
f:id:netanker:20200820223040j:plain

場所はJR浜松駅にほど近い、かじ町プラザビルの3F。ホテルリブマックス浜松駅前や、JRAのエクセル浜松と同じ建物です。

 

f:id:netanker:20200820224848j:plain

(公式サイトのフロアマップ)

広めのスペースに、様々なVR、ARほかのコンテンツが揃っています。 f:id:netanker:20200820223016j:plain

利用の際は、受付でプレイしたいコンテンツの料金を支払い、チケットコインを受け取り、それを各コンテンツのスタッフに渡す方式。いずれのコンテンツも1回会員料金500円、ビジター料金600円。入会金300円で会員になれるので3つ以上利用するのであれば会員登録するのがお得です。

 

今回はこの中から5つほど体験しました。

VR DreamMatchBaseball

f:id:netanker:20200820223025j:plain

 ピッチャーの投げる最高160km/hの球を、バッティングもしくはキャッチを体験する野球コンテンツ。様々な球速、球種パターンの8球でワンセット。バッター、キャッチャーそれぞれ1セットずつ体験するか、どちらか片方を20球体験するかを選択できます。20球にした場合は2セット体験の後、希望する球種・球速での4球を体験できます。

 野球ド素人の私は...20球打って5球しか当たりませんでした。1球はまぐれでホームランになりましたが(ホームランになると花火の演出がありますが、しかしピッチャーは容赦なく次の球を投げてくるので、ホームランの余韻に浸る時間はありませんw)。

Vshooter

 拳銃型コントローラーによる射撃ゲーム。的を狙い持ち点を0点ちょうどまで減らすダーツ的なルールモードと、動く的の早撃ちを目指すモードがあります。今回は早撃ちに挑戦。
 銃口を下に向けてスタンバイ、その状態でトリガーを引くとレディ。ブザー音が鳴ったら目の前の的を撃つ。撃てる秒数は短く、弾数も6発しかありません。これを1ラウンドとして全ラウンド(確か8ラウンド)の総合スコアを競うもの。的には固定的の他、上下左右、後半になると前後など様々に動く的があります。当然動いている的の方がスコアは高いようです。

  よくあるシューティングゲームのような照準もレーザーポイントも無いので、着弾点を見ながら瞬時に微調整しなければならないのでかなり難しいですね。

 

9DVR

f:id:netanker:20200820223029j:plain

2人用のカプセル型座席によるモーションライド。コンテンツは「都市内ジェットコースター」か「宇宙飛行」。比較的定番パターンの映像シアター型VRです。コースターを選びましたが、動きはまずまず。ただ他のモーションライドVRと大きな違いはあまり感じられませんでした。

 

VRサイクリング

f:id:netanker:20200820223033j:plain

フィットネスジムにあるような自転車漕ぎをしながら風景映像を楽しむもの。1回20分体験できるので結構な運動量になります。

映像は「エンジェルフォール」「浜名湖」「東京夜景飛行」「埼玉県越谷」から選択。このうち「エンジェルフォール」は世界の様々な滝を巡れて風景は楽しめるのですが、映像の動きが上下や左右が多く、「進んでいる」という感覚がないのが難点。またこの映像はかなり長いので、最初の設定で再生速度を最高速にしておかないと途中で飽きます。

ほかの3つは前進している映像が多いので、進んでいるという感覚で楽しめますし、映像もそれほど長くないので等倍速度で大丈夫です。

ところで…浜松にある施設なので「浜名湖」は当然、「東京」もまぁ定番観光地なのでわかるのですが、「埼玉県越谷」とは...。体験してみると映像のスタートとゴールが越谷レイクタウンの「VRCENTER」でした。つまり、VRCENTER用に作った映像をそのまま持ってきているのですね。

 

ビートセイバーアーケード

f:id:netanker:20200820223010j:plain

これは既に東京ジョイポリスなどで稼働しているものと同型機。ただしここには2台設置されています。本来はコインオペーレーションができる筐体ですが、他のコンテンツ同様にアテンドスタッフによる運営です。なので、トラブルなどがあったときには直ぐに対応してもらえそうです。

 

 

その他、謎解き系お化け屋敷コンテンツの「呪いのVR」(2人プレイ専用なのでプレイできませんでした)や、ARスポーツのHADOシュート、HADO PvP、また子供でも楽しめる「デジタルぬりえサーキット」「iSandBox」などがあります。

f:id:netanker:20200820223020j:plain
f:id:netanker:20200820223036j:plain


施設内には各所に、公式キャラクター「エクリアちゃん(@xcube_real)のイラストがあります。

f:id:netanker:20200820223043j:plain

 

 公式サイトによれば他にカフェエリアもあるようですが、今日は営業しておらず自販機だけでした。土日だけの営業なのかあるいは、まだ暫定営業でフードまではオープンしていないのか。

 まだまだ発展途上な部分はありますが、これからも頑張っていってほしいですね。

 ただ、この施設の入っているビルが、JRAとホテル、一部の飲食店以外は営業していないような感じで換算としていて、なかなか入りにくい感じがあります(場外馬券売り場が営業している時は逆に人が多すぎて近づきにくいかも)。もともとイトーヨーカドーが撤退した跡地らしいので、今後のこのビル全体の方向性によって、XCUBEもかなり影響を受けそうな感じです。

 

xcube.jp