ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負(プロフィール参照)。

【池袋TAITO X-STATION】KATWALK『War Robots VR』&VARBOX『Jurassic:New Era』

池袋西口タイトーステーションB1FのX-STATIONに8月8日より新しいVRアーケードゲームが導入されたと聞き、早速プレイに向かいました。

1つは歩行型VRバイス「KATWALK」。先日RED°TOKYO TOWERで体験した機器と同型のものです。現在体験できるコンテンツは『AFFECTED: The Manor』『Bullet Sorrow VR』『War Robots VR』の3種類(1回800円)。今回は『War Robots VR』を体験しました。

ロボットのコクピットに乗り込み、チームメイトのロボットと共に敵のロボットと戦うアクションゲームです。足と身体を動かすことで歩行、コントローラーのトリガーを引くとバルカン砲やミサイルで視線方向に攻撃する形です。

以前RED°TOKYO TOWERで体験した『AFFECTED: The Manor』では、人間の移動方法としての歩行が直接反映される形だっただけに、すり足を基本とするKATWALK独特の歩行操作にどうしても違和感を感じてしまったのですが、この『War Robots VR』では、その違和感をあまり感じませんでした。おそらく「ロボットのコクピットが、そういうシステムになっている」と認識しているので、独特な歩行もロボットコントロールの1つの入力方法として、受け入れているのかもしれません。

ミッションクリアするか、自分が破壊されてしまうとゲームオーバー。概ねプレイ時間は5〜10分です。結構足を動かすため、プレイ後は一気に汗が吹き出しました。

 

もう一つは以前から導入されているVARBOXの新シナリオ『Jurassic:New Era』。襲い来る恐竜達に銃で反撃して、無事脱出できるかどうかというシューティングゲーム。倉庫のような場所からスタートして、一定数の恐竜を倒すとジャングルのトラックに移動。なかなか発車できないトラックに群がる恐竜たちを倒すと、超大型恐竜が。トラックが破壊される前に、避難ゲートまでたどり着ければミッションクリア。

今回は無事にクリアできました。後でデータ(VARBOX公式アプリ)を確認したとことトラックの残りダメージは1.17%とのことでギリギリだったようです。

こちらの『Jurassic:New Era』は、全国に設置されているVARBOXに共通でアップデート導入されているようですので、東京ジョイポリスやRED°TOKYO TOWERなどでもプレイできると思います。

 

両コンテンツ共に海外製のため、プレイ中の音声が英語です。そのため、初めてだと何をしたら良いのかわからなくなる場合があります。『War Robots VR』の場合、最初に目の前に出てきたロボットが実は味方だと気づかず、しばらく攻撃しまくってしまいました(笑)。味方の攻撃は無効なので特に問題はありませんでしたが…。

プレイ前に説明をしっかり確認したほうが良さそうです。

 

『シン・765作戦』(シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド)

横浜ワールドポーターズ内・バンダイナムコ クロスストア(旧ハムリーズ跡地)にて、『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン』など4作品がコラボレーションした「シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド」を開催中(横浜会場は2022年8月21日まで)。

その中で、4作品コラボのミッション型アトラクション『シン・765作戦』を体験。

参加者は世界不明事象監視団(G.U.E.K.)の本部オペレータとなり、様々な災害などに対し的確に指示を行い攻略していくというもの。詳細についてはネタバレ禁止ですので記載しませんが、複数の謎解き的なものやミニゲーム的なミッションがあります。主にモニターを見ながらミッションを進めていくのですが、よくあるミッションゲームのように1つクリアしたら次、クリアしたら次、というようなパターンではありません。何かのミッション中でも容赦なく次のミッションが始まります。謎解きに集中していると画面の重要なものを見逃すこともあります。

これらのミッションはモニター上にウィンドウでそれぞれ表示されます。このウィンドウは動かせますので、わかりやすい位置に移動させておくのも手ですね。

なお、ミッションによってはウィンドウ上に表示されたボタン等をクリックする必要があるものもありますが、注意すべきは、その時に他のミッションのウィンドウがアクティブになっている場合、非アクティブなウィンドウのボタンをクリックしただけでは、単にそのウィンドウがアクティブになるだけでボタンそのものはクリックされていません。押したつもりが押せてないという状態になりますので注意しましょう。

 

私の結果は…残念ながら最後の難問がわかった瞬間に時間切れでした(入力間に合わず)。

 

この他、会場にはMAZARIAなどで稼働していたVRアクティビティの『エヴァンゲリオンVR』『ゴジラVR』も体験できます(1回1000円)。
また、『シン・ウルトラマン』を舞台とした体験型謎解きコンテンツ『禍威獣第8号撃退作戦』もあります。今回は受付時間に間に合わなかったので、次の機会では挑戦したいな…。

 

 

おまけ。

本日の晩御飯は、桜木町駅近くの「横浜ドリームランド」。

あの懐かしい遊園地の名前を冠した居酒屋系フードコート。

ロゴもそのまんま。当時の遊園地を知っている年代をターゲットにしているお店という感じです(だから居酒屋)。

といっても私はお酒を基本飲まないので、純粋に晩御飯として、お寿司屋さんの鯛ラーメンセットを戴きました。

 

 

 

 

城島高原パーク

城島高原パークに来たのは14年ぶり。当時はまだ「城島後楽園ゆうえんち」という名前でした(その後、運営が変わって現在の名称に)。

今年パークをリニューアルして、園内メインストリートはアルプス風になっていました。

ジュピター

 まずはやはりメインアトラクションの木製コースター「ジュピター」。

木製⇒もくせい⇒木星⇒ジュピター

 

 木製コースターはその構造上、走行中の振動がものすごく激しく、前回乗ったときの記憶でもかなり振動に翻弄されたイメージがありましたが、今回は思ったほどの振動ではなく爽快感の方が勝った感じです。

 他の「スーパーL&Sコースター」「ゴールドラッシュ」にも乗りましたが、「ゴールドラッシュ」の方がジュピターよりも振動が激しく身体に堪えるコースターでした。

バードマン

 プリーパス対象外の「バードマン」も体験。ハーネスがかなりがっちりしているためか、最上部に巻き上げられた時もそれほど怖さは感じず、さくっと飛べました。風を切って滑空するのは気持ちいいですね。

 

VAR LIVE

 

施設型VRアトラクション。かつて池袋にあった「VR PARK IKEBUKURO」や、埼玉にあった「VR CENTER」などで運用されていた「ゾンビジュエル」「CITY HERO」が体験できる施設でしたが、6月19日を持って運営終了。今回はギリギリのタイミングでした。

他の施設でも未体験だった「ゾンビジュエル2」を体験。「ゾンビジュエル」ではゾンビの襲撃を受けた刑務所から無事に脱出したところで終了でしたが、「2」ではその脱出後からのストーリー。前回同様2名がマシンガン、2名がショットガン、1名がハンドガンを選んで5人までの同時プレイ。刑務所を無事抜け出せたプレイヤーたちが、1台のトラックを確保。看守(NPC)が運転するトラックの荷台に乗って、押し寄せるゾンビたちを撃退していくというもの。

ダメージを何度か受けると戦闘不能になり、参加者が全員戦闘不能になるとそこで終了(戦闘不能になっても誰かが生き延びている場合は、暫く経つと復活できる)というゲームルールは前作と同様でした。

今回のプレイでは残念ながら中盤でゲームオーバー。銃が重たいので物理的にもハードでした。

なお、VAR LIVEは運営終了になりますが、VRライドシアター(「恐竜戯画」や「宇宙疾風」)は運営を継続しています。今後また別のコンテンツが導入されることに期待したいですね。

 

その他アトラクション…

「めめめのめがまる忍者村」

今年オープンしたばかりの新アトラクション。キャッチコピーは「お化けじゃない屋敷」。

 登場するのは目玉のお化けたちばかり。人間から教わったと言われる様々な忍術で、体験者を惑わせてくれます。暗い部分もあったりはしますが、基本的には「お化け屋敷じゃない」の通り、怖くない、おもしろ屋敷でした。

 フリーパスでは1回しか利用できないのが残念。

 

「シューティングパイレーツ」

 屋内ライド型のシューティングアトラクション。

 ライドがゆっくり回転しながら、海賊たちの集めた奇妙な財宝を撃っていくもの。1周がすごく短く、ターゲットに中々当たらない、トリガーが硬いなど、クソゲー要素が高いにも関わらず、ついつい躍起になってプレイを繰り返してしまうという中毒性があります。

 最初は1000点取れるのがやっとでしたが、何とか2500点までは取れました。

 

 城島後楽園ゆうえんちから運営が変わり、パーク内が綺麗になっても、昔ながらの遊園地感がしっかり残っているパークでした。

 

 

※14年前の訪問時記事はこちら。

netanker.hatenablog.jp

 

東京ドームシティで期間限定『BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR』

 以前、プラザカプコン池袋にあったVR施設で運営されていた『BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR(バイオハザード ウォークスルー ザ フィアー)』が、GWにから6月までの期間限定で、東京ドームシティアトラクションズで営業。仕事帰りに立ち寄ってきました。

BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR

 プラザカプコンで運営されていた時(当時の日記)は暗いスペースでしたが、ここは明るい部屋のままでした。

 扉も開かれているので、中でプレイしている方の状態が一部見学可能です。

 

 内容は以前と変わらず中々クリアが難しいです。今回私は途中で殺されてのゲームオーバーでした。恐らく殆どの方は「タイムオーバー」になるはずですが、タイムオーバーにならないよう注意してプレイしたため、敵の攻撃に対して手薄になってしまっていたようです。クリアのためにはこのあたりも注意が必要ですね。

 

 

第二海堡ツアーの前に、横須賀・記念艦三笠

昼から参加する『猿島第二海堡ツアー』の前に、記念館三笠を見学。

到着した時、三笠の前が長蛇の列で一瞬ビックリしましたが、この列は三笠の入場列ではなく、次の猿島行きの船の待ち列でした。

続きを読む

KAT WALK『AFFECTED: The Manor』

 先週20日にオープンした『RED° TOKYO TOWER』のオープニングキャンペーン価格が今日までだったので、先週に引き続き行ってきました。今回は事前チケット購入の上、顔認証チケットにしてみました。

 顔認証登録アプリの「FreeiD」をインストールの上、顔写真を登録。その後にRED° TOKYO TOWERチケットサイトと連携することで、購入したチケットを顔認証で使用することができます。

 入場ゲートの1台に認証用カメラがあり、そこに顔を写せばゲートが開きます。

続きを読む

eスポーツパーク『RED° TOKYO TOWER』

昨日4月20日に東京タワーフットタウン(旧ワンピースタワー跡地)にオープンした『RED° TOKYO TOWER』に行ってきました。

3F〜5F(1F未オープン)を使用したかなり広いスペースに、様々なeスポーツコンテンツが揃っています。

続きを読む