ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています。今現在「日本で一番、自腹で沢山の種類の施設型VRアトラクションを体験している」と自負(プロフィール参照)。

東京ジョイポリス【ゼロレイテンシーVR】の新作『FAR CRY』&謎解きVR『Escape The Lost Pyramid』

【ゼロレイテンシーVR】『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』

 東京ジョイポリスの、フィールドを自由に歩き回って最大6人まで同時参加できるVRアトラクション【ゼロレイテンシーVR】に、本日より第5弾となる新作コンテンツ『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』が登場しました。

f:id:netanker:20211012230908p:plain
f:id:netanker:20211012230918p:plain
メイン・イメージビジュアル(ゼロレイテンシー社公式サイトより

 これまでの3作品が「ゾンビ退治」、1作品が「暴走ロボット破壊」であったのに対し、本作は「残虐な海賊集団への反撃」となります。

【公式ストーリー】
ここは南国の楽園“ルークアイランド”。
青い空、煌めく海に囲まれたこの美しい島で、友人たちと人生で最高のバカンスを過ごしていた。
――バース率いる海賊たちに捕らえられるまでは。
娯楽に飢え、暇を持て余していた海賊たちによる残忍な狩りの”獲物”にされてしまったあなたは、無事にこの島から脱出できるのだろうか?
生き残るために戦い抜き、ジャングルの奥地でバースと対面したとき、あなたは真の“狂気“を目の当たりにするだろう。

 本作はUBIソフトが様々なプラットフォームで展開しているオープンワールドFPSゲームFARCRY』のシリーズ3作目の設定を基本としたオリジナルストーリー。

f:id:netanker:20211012231837p:plain

f:id:netanker:20211012230923p:plain

f:id:netanker:20211012230926p:plain

プレイイメージ(ニュースリリース写真より

 ジャングルでの戦闘から始まり、チームメンバーの協力で敵の海賊たちを排除しながら、脱出を目指します…が、途中から予想外の展開に。

 使用できる武器は「アサルトライフル」と「ボウガン」。銃についている武器切り替えボタンで交換します。

 第1〜4弾コンテンツでは、敵が間近までに迫ってくることが多かったため、得点稼ぎのためのヘッドショットを狙わなければ、半ば闇雲に撃っても敵を殲滅させることができました。しかし、今回の『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』は、画質や動きの認識感度が格段に向上した【ゼロレイテンシーVR】第二世代システム向けに開発されたため、遠距離の的に対して正確な射撃を必要とするシチュエーションが増えました。特にボウガンの場合は判定がかなりシビアです。

 

 プレイ後は他のコンテンツ同様、メールでスコア情報が届きます。表示前にアンケートページがありますが、任意ですので「NO」(日本語表示では誤訳で「番号」になってます)を選べばすぐに表示されます。

f:id:netanker:20211016220026p:plain
f:id:netanker:20211016215502p:plain

 初日のプレイ結果は50,400点。感覚としてはやはりボウガンでのヘッドショットが高得点になるような感じでした。

 

 プレイ時間は45分(ブリーフィング15分含む)となっており、従来のコンテンツ(約30分)より長くなっています。そのため、プレイ料金も少し高い1回2,500円です(従来コンテンツ1回2,000円)。

 現在、従来コンテンツと時間帯入れ替えとなっているため、『FAR CRY VR : Dive Into Insanity』は1日1回限りの運営です。10月中の予約はすでに満席になっていますので体験を希望される方は、公式サイトで11月以降の予約日時をご確認ください(現在はまだスケジュールが発表になっていません)。なお公式サイトから予約サイトに進むと、本国オーストラリアのシステムにつながります。少々癖があるシステムなので、名前が上手く入力できない場合は言語設定を英語モードに切り替えて、ローマ字で入力するのをオススメします。

tokyo-joypolis.com

 

『Escape The Lost Pyramid』

f:id:netanker:20211016214654j:plain

 また、併せて期間限定で2022年1月15日までの土日祝日限定で、謎解きVRアトラクション『Escape The Lost Pyramid』も登場しました。

 

 プレイは必ず2人で行います。1人プレイは出来ません。

 椅子に座り、VRゴーグルとコントローラーを装着したら、まずは移動やアイテムの操作をチュートリアルで学びます。コントローラーで使用するのはトリガーボタンのみ。トリガーを引きつつ行きたい方向の床を示しトリガーを離すと移動。椅子は左右に回転するので向きたい方向にはそのまま身体を回します。

 掴めるアイテムやレバーは触りながらトリガーを引くと掴めます。

f:id:netanker:20211012230930p:plain

チュートリアル兼キャラメイクステージ(ニュースリリース写真より

 チュートリアルのラストはキャラメイキング4体の人形を掴むと基本ボディが変わり、マスクやアクセサリーを掴むと装着します。

 ちなみに上記写真の手前にある、アヌビスマスクを装着すると、視界の上部に鼻先がちゃんと見えます(時に邪魔になりますがw)。

f:id:netanker:20211012230933p:plain

場面写真(ニュースリリース写真より

 チュートリアルが終了したら、ゲームスタート。

 ピラミッドに潜入し、数々の仕掛けをクリアしながら制限時間までに最上部に設置されている【秘宝のかけら】を取得できればクリアとなります。

 クリアには相互の協力が必須です。時には二人が離れた距離にいて互い見えない場所にいる場合もありますが、内蔵マイクで会話ができるので、自身の状況を伝えながら、クリアを目指しましょう。

 制限時間は40分。スタッフさんによれば、一般のプレイヤーで制限時間中に全体の80%ぐらいの達成率になるように調整されているとのことです。VR謎解きに慣れていれば初見でのクリアも十分可能でした。

tokyo-joypolis.com

 

 今回の2コンテンツの追加で、東京ジョイポリスでは、『TOWERTAG』や、セルフ操作のアーケードゲーム機タイプ『VAR BOX』『ビートセイバーアーケード』を含めると、VRアトラクションが5機種、12タイトルとなります。VRコンテンツにかなり積極的なパークなので、今後も楽しみです。

 

Tyffonium『ISLAND MIRRORGE VR』

f:id:netanker:20210812234308j:plain

 お台場・Tyffoniumにて7月15日より6番目の新コンテンツ『ISLAND MIRRORGE(アイランドミラージュ)VR』  が運営開始になりました。緊急事態宣言やオリンピックなどの影響で短縮営業のため、なかなかお台場に行けなかったのですが、やっと体験できました。

 『ISLAND MIRRORGE VR』は、新潟・佐渡ヶ島佐渡金山で運用されているMRアトラクション『ISLAND MIRRORGE』と同一の世界観で、物語を体験するVRアトラクションです。

 

 佐渡金山のMR版は以前体験していたので(体験時の日記)、物語の大筋は既に理解している状態での体験です。

 MR版では実際に坑道内を歩きますが、VRでは椅子(ボディソニック振動つき)に座りトロッコに乗って坑道を進むという形です。

f:id:netanker:20210812235807j:plain

公式サイト紹介画像より

 MR版と同様に、金光石の精霊「アウルー」に導かれて、異世界と繋がってしまった坑道の奥に進み、異世界より現世に進出しようとする魔物に立ち向かって行きますが…

 

 VR版は、シアター方式でストーリーが進み、特にこちらの選択などでストーリーが変わるようなインタラクティブ性はありません。Tyffon社ならではの美しい映像空間の中をじっくり眺め進んでいくという感じです。

 物語のラストはMR版と異なります。このVR版はMR版のプロローグ的な意味合いが強く、真のラストを見ることができません。そのためVR版だけだとちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。しかし逆にVR版を体験してからMR版を体験すると、より物語がわかってくると思います。

 もちろん、私のようにMR版を体験してから、VR版を体験するとラストシーンには別の感動があります。

f:id:netanker:20210813000702j:plain

 ぜひ両方を体験してみてください。

 

 なお、この夏はイベントとして新潟市で開催中のイベントでもVR版を体験できるそうですので、お近くのかたはぜひ。

prtimes.jp

 

www.tyffonium.com

 

猛暑こそ『クリスマス』に挑戦(リアルVR脱出ゲーム『VR ESCAPE GAMES』)

 東京は気温35度近い猛暑。そんな日に気分だけでも涼しくなろうと、リアル脱出ゲーム吉祥寺店の『VR ESCAPE GAMES from ウクライナ』の1コンテンツ『christmas/クリスマス』に挑戦。

 以前、別コンテンツの『SIGNAL LOST』に挑戦していたのでチュートリアルは飛ばすこともできたのですが、一応やり方を再確認。

 (操作方法など記載の前回記事は下記参照)

netanker.hatenablog.jp

 

f:id:netanker:20210805230436p:plain

開発会社の公式サイトより

 クリスマスの夜にサンタクロースが子どもたちにプレゼントを届けられなくなってしまった理由をサンタの家で見つけ出し、元通りに直し、最後に無事にサンタクロースが飛べる目印となるクリスマスツリーを点灯させるというのが物語。

 ストーリー進行に必要な様々なミッションの他に、おまけミッションとして5つのトロフィー探しもあります。

f:id:netanker:20210805230431j:plain

f:id:netanker:20210805230427j:plain

開発会社の公式サイトより

 VRゴーグルをつけるとそこは雪景色。日本の暑さを忘れてミッションに熱中できます(結局熱くなってます)。

 『SIGNAL LOST』の時には使わない「梯子上り」の動きが必要になる箇所もありましたが、OculusQuest2の「ダウン・ザ・ラビット・ホール」のような方法だったので違和感なく操作できました。

 

 結果は、36分37秒でクリア(制限時間50分中)。また、途中ヒントマークをクリックすることでヒント(ほぼ答えに近いそうですが)も貰えるのですが、これも使用しませんでした(途中1箇所だけスタッフさんからのアドバイスはありましたが)。ただしトロフィーは一番難しい1つを発見できず4個止まりでした。

 

 謎解きそのものはそれほど難しくはなく、可愛らしいキャラクターも出てくるので、比較的初心者向けだと思います。VRとしてもかなりクオリティの高いものになっていますのでおすすめです。

 

www.scrapmagazine.com

 

リアルVR脱出ゲーム『VR ESCAPE GAMES』

 リアル脱出ゲーム吉祥寺店にて7月7日より『VR ESCAPE GAMES from ウクライナ』の営業が始まりました。

f:id:netanker:20210714232011j:plain

リアル脱出ゲーム吉祥寺店公式サイトより

  ウクライナVRコンテンツ開発企業「ARVI VR社」が提供しているコンテンツ(コンテンツ一覧)の中から、謎解き要素の高いものをSCRAPがセレクトし、日本語された4コンテンツ(「christmas」「The Prison」「SIGNAL LOST」「Alice」)から1つ選んで体験できます。このうち「christmas」は、過去にイベントとして日本で運営されたことがあるもので、3つが新たに加わった形となります。4つのゲームのうち「The Prison」だけは2名プレイ専用ですが、他の3ゲームは1〜2名でのプレイに対応しています。

 

 『VR ESCAPE GAMES』の部屋には最大4人までプレイできる場所が用意されています(ただ、現在は2名までのようです)。

f:id:netanker:20210714232014j:plain使用機材は「VIVE Pro」

 

  今回は「SIGNAL LOST」(難易度は五段階中3)に挑戦しました。

 ストーリーは、近未来SF。宇宙空間を周回する宇宙ステーションが突如機能を停止て軌道を外れてしまい、このままでは1時間で地球に落下してしまうことに。それを阻止するため、対策チームによって送り込まれたリモートロボットで、ステーション内を捜索し、軌道修正のシステムを再起動させるミッションに挑むというもの。

 


www.youtube.com

 プレイ前に、スタッフから簡単な操作説明を聞き、VRゴーグルを装着。まずはチュートリアルからスタートします。両手に持ったコントローラーのタッチパッドの左右を押すと向きの変更。上を押しながら行きたい方向にアイコンを動かし指を離すとワープという移動方法です。いわゆるスタンディング式のプレイで、プレイヤーは実際には歩きません(向きの変更については実際に動いても良いのですが、あまり動きすぎるとケーブルが絡まるので注意)。
 動かせるアイテムの近くでトリガーを押すとそのアイテムを拾ったり掴んだりできます。タイミングよく離すと投げることも可能。

 チュートリアルを終えたら、宇宙船に移動します。ここでも簡単な操作テストができます。チュートリアルは各ゲーム共通のようで、若干「SIGNAL LOST」独特な挙動があるので、ここではそれを確認しましょう。

(またここで「青く光るアイテム」「紫に光るアイテム」の説明も出ているのですが、これをあまり気にしすぎると却って戸惑う可能性もあります)

 

 準備が整ったら、スタートボタンを押すと、宇宙船がステーションに向かいドッキングを開始します。ドッキングが終わりゲートが開いたらミッションスタート。ここから制限時間は50分です(何箇所かカウントダウンが分かる場所もあります)。

 

 ネタバレになるので詳しくは書けませんが、比較的素直に仕掛けを進めていく感じでした。特定の場所で長時間滞っているとヒントも表示されます。

 雰囲気としては自分自身がVRでロボットを遠隔操作している(いわゆる、テレイグジスタンス的な)感覚でのプレイですね。移動もテレポートというより行先を選択すると、その場所にロボがグイっと進むような感じです。

 結果、今回のミッションは35分08秒でクリア。スタッフによると、かなり速いペースでのクリアとのこと。おそらく「VRゲームに慣れている」ことが大きく貢献していたのではないかと思います。

 

 謎解きの雄であるSCRAPが厳選したVRゲームだけに、かなりプレイしがいのあるVRゲームでした。

 

www.scrapmagazine.com

追伸:そう言えば「ミステリータワー」が99階で頓挫したままなのもなんとかしなければ… netanker.hatenablog.jp

 

鬼怒川・日光旅行3日目:とりっくあーとぴあ日光(VRROOM)〜日光さる軍団〜SL大樹

 3日目は鬼怒川温泉の南側・中岩ダム付近に点在するテーマパークエリアへ。その中心となる「EDO WONDERLAND 日光江戸村」は、新型コロナの影響で6月いっぱいは残念ながら休園中。

とりっくあーとぴあ日光・VRROOM

 江戸村巡回バス(左回り)で1バス停手前で下車。

f:id:netanker:20210620163755j:plain

 日本各地にある、トリックアート系美術館の一つ。

f:id:netanker:20210620163749j:plain
f:id:netanker:20210620163751j:plain
f:id:netanker:20210620163734j:plain
f:id:netanker:20210620163741j:plain
f:id:netanker:20210620163738j:plain
f:id:netanker:20210620163745j:plain

 ここ独自の作品としては華厳の滝や、エジプトをテーマにした迷路型の展示、そして所々に猿(三猿)が隠れていたりします。

f:id:netanker:20210620163731j:plain
f:id:netanker:20210620163724j:plain

 施設内の特別エリアでは『VRROOM』が営業中。現在は「アーバンキックウェイ」と「呪いのVR」(1、2)のみ体験可能。

f:id:netanker:20210620163728j:plain
f:id:netanker:20210620163721j:plain

 アーバンキックウェイは他の施設で体験済みなので、今回は「呪いのVR1」を体験。

 本来は2名の協力プレイで1名が懐中電灯、もう1名がアイテム操作を担当しますが、1名プレイの場合は、両方を操作することになります。

 ストーリーは、呪いのビデオによって怪しげな牢獄に閉じ込められてしまった参加者が、その牢獄内のアイテムを使って脱出を目指すというもの。

 触れるアイテムには矢印マークがでるので、触ったり掴んだりすると、何かが起こり話が進んで行きます。どのアイテムをどのような順番でどう使っていくかが脱出成功の鍵になりそう。

 2人プレイの場合には部屋の捜索に片方が専念できる分、難易度は下がるようです。

 今回は残念ながら失敗でした。

f:id:netanker:20210620163718j:plain

 とりっくあーとぴあ日光の男子トイレには、男性専用ゲーム「トイレッツ」がありました。プレイには10円が必要です。コインオペレーションの有料版は初めて見ました。

 

 徒歩で日光さる軍団方面へ。

 入園前に、道路向かいの「お菓子の城」店内にある「キヌガワコーヒー」で昼食。

f:id:netanker:20210620170753j:plain

 スイーツとコーヒーがメインのお店なので軽食はクロックムッシュとピザだけですが、結構なボリュームで満足。この付近は飲食店が少ない(各アミューズメント施設内にもほぼ無い)ので助かりました。

 

日光さる軍団

f:id:netanker:20210620170748j:plain


 20年前に来たときは「日光猿軍団(おさるの学校)」でしたが2013年に閉園。2015年に新たに、太郎次郎一門による経営に変わった「日光さる軍団」。内容はすべて一新していました。

 本来の太郎次郎一門の芸は「人間1対さる1の芸」ですが、メインショーでは、従来の日光猿軍団の「人間1対さる複数」の芸風を踏襲しているそうです。

f:id:netanker:20210620170742j:plain
f:id:netanker:20210620170745j:plain

 サブショーでは1VS1の芸が中心(メインショーは撮影禁止)。

 1日3回開催のメインショーは、現在「パイレーツオブモンキー」(公式サイト)を上演中。45分たくさんの笑いで楽しめる濃いショーでした。

f:id:netanker:20210620170738j:plain
f:id:netanker:20210620170734j:plain

 イベントの合間では、お猿さんたちとのふれあいイベントも。まだ生後3週間程度の子猿も元気に遊んでいました。

f:id:netanker:20210620170731j:plain

公式YouTubeチャンネルではライブ配信も実施中とのこと。

オンライン割引チケット販売中

 

SL大樹

 路線バスで東武ワールドスクウェア駅に移動、ここから下今市まではSL大樹に乗車。


www.youtube.com

 観光シーズンであれば満席になるSL大樹ですが、今はガラガラでかなり空席あり。その御蔭で、自由に座席を移動して楽しめました。

 新今市駅では転車台を使用しての方向転換を見学。駅構内にはSL大樹の資料館もあります。

f:id:netanker:20210620173831j:plain


www.youtube.com

 

 帰りは日光8号で池袋へ。行きのスペーシア東武車両なので車内Wifiがありましたが、今回はJR特急車両なのでWifi無しでした。

 

鬼怒川・日光旅行1日目:東武ワールドスクウェア〜鬼怒川散策〜レトロゲーム

鬼怒川・日光旅行2日目:中禅寺湖〜日光

 

富士急ハイランド『幻影劇場』ほか

フリーパス引換券の期限が迫っていたので富士急ハイランド。高速バスの車内はガラガラ。

感染症対策で営業時間は10時〜17時の短縮営業、さらに一部アトラクションは運営時間を1日2〜3時間程度に限定(通して運営するアトラクションでも、一定時間に5〜10分程度止めて除菌など実施)する形で営業しています。

f:id:netanker:20210512231457j:plain

現在はオンラインチケットが中心になったため、窓口で受け取るフリーパスチケットはかなり簡易的なものになっていました(入園時の顔写真登録時にしか使わない)。

f:id:netanker:20210512230839j:plain

今年夏オープン予定のFUJIYAMAタワーも完成間近

 NARUTOVRアトラクション[幻影劇場]

f:id:netanker:20210512230835j:plain

 園内の「NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里」に、4月29日にオープンしたVRアトラクション『幻影劇場』。

 モーションギミックチェア「MX4DR」(映画館などにあるMX4Dチェアの系列)で、VRゴーグル(PICO)を装着し、『終末の谷』でのナルトとサスケの対決シーンを迫力あるVR映像で楽しめます(上海でオープンしている「NARUTO WORLD」で上映されているものと同内容とのこと)。

f:id:netanker:20210512230831j:plain

 ギミックチェアならではの、風や振動、草木が身体に当たるような感触など、かなりリアルに感じられました。

 このアトラクションは、フリーパス対象外で1回800円(フリーパスで割引価格500円)で体験できます。

 

新コースター導入に向けて準備中

 2022年夏に新コースターをオープンさせるのに伴い、『エヴァンゲリオンワールド』『無限廃坑』はGWで営業終了。『トンデミーナ』も今月末で一時営業終了(後日移設とのこと。恐らくラグーン横で工事中の場所になるのではないかと思われます)。

f:id:netanker:20210512230828j:plain

 実は『無限廃坑』は一度しか利用できず、しかもその時は、本来の音が出ていなかったという状況だったので、実質的に一度も利用できないまま終わってしまいました。ちょっと残念。

 

絶望要塞3はやっぱり絶望

 その他はいくつかの絶叫マシン系や『絶望要塞3』など。『絶望要塞3』は相変わらずの鬼畜ゲームっぷりですw。感染症対策で館内滞在人数を従来より減らしているためか、待ち時間は絶叫マシン系並みです。

 絶叫マシン系もマスク着用が必須ですが、風で飛ばされそうになることが幾度かありました。紐が緩めのマスクは要注意です。

 

 今日は開園前、修学旅行生が200〜300人ぐらい(恐らく2校)来ていて、その御蔭で午前中は、コースター系などでは40〜50分待ちでしたが、午後はもう退園した学校もあったので20〜40分待ちぐらいという感じでした。

 

 

新潟旅行②:史跡佐渡金山・MRアトラクション『ISLAND MIRRORGE』

f:id:netanker:20210425114004j:plain


 江戸から平成まで、金や銀などの採掘が行われていた佐渡ヶ島。その跡地「史跡・佐渡金山」に、今年の4月16日にMRアトラクション『ISLAND MIRRORGE(アイランドミラージュ)』が正式オープンしました。実は、今回の旅行の一番の目的は、そのMRアトラクションを体験することでした。

 予約時間まではまだ時間があるので、まずは通常のコースの中から、江戸時代の採掘跡地を見学する『宗太夫坑』へ。

 

f:id:netanker:20210425113954j:plain
f:id:netanker:20210425113949j:plain
f:id:netanker:20210425113945j:plain
f:id:netanker:20210425113942j:plain

手掘り坑道のあちこちに当時の採掘風景が再現されています。かなり過酷な環境だったようですね。

f:id:netanker:20210425120201j:plain
f:id:netanker:20210425113938j:plain

出口には展示資料館。ミニチュア模型で当時の鉱山近隣の作業場風景が再現されているのですが、中には怪しげな服装の3人組が。脱走を企てようとしているのか、それとも忍び込んで金を盗み出そうとしているのか…。

f:id:netanker:20210425113934j:plain

世界の果てまでイッテQ!』でイモトさんが挑戦した金塊取り。今月7人成功しているようです。

ISLAND MIRRORGE 

f:id:netanker:20210425123922j:plain


入口に戻り『ISLAND MIRRORGE』の受付。このアトラクションのストーリーと、機器の説明を受けます。

藍色の海に浮かぶ神秘の島
真ん中にそびえ立つ金山には
古より”金光石と異世界の怪物”にまつわる 伝説が残っている

「たまさかに金山の坑道と交差せし異世界より
魔物は現世へと顕現する
神秘なる力宿りし”金光石”とその精霊”アウルー”がひとつとなるとき
それらは封印されるであろう」

あなたはいま、まさに数百年ぶりの交差の期に立ち合っている
坑道に点在する金光石のかけらを4つ集めて
アウルーに力を与え、 ともに金山を守ってほしい

 

f:id:netanker:20210425113924j:plain

 使用するMRゴーグルは『NrealLight』(中国のNreal社が開発、日本ではKDDIが代理店)。他のMRゴーグルに比べ軽量で視野角も広めです。接続されたスマートフォンと共に使用します。

 装着した状態で坑道に入ると、トンネルの形状に合わせ、CGで合成されたクリスタルや魔物、精霊"アウルー"などが見えるようになります。

f:id:netanker:20210425114015j:plain
f:id:netanker:20210425114012j:plain
公式サイト(https://www.island-mirrorge.com/)掲載のイメージ写真より引用

先導する"アウルー"に従い、坑道の奥へ。

f:id:netanker:20210425113920j:plain

坑道内には4箇所、”金光石”が設置されており、この”金光石”とMRグラス内に表示されているイメージを合わせた状態で、スマートフォン画面の指定箇所を長押しすると、”金光石”に力を送り込むことが出来ます。

f:id:netanker:20210425113916j:plain

場所によってはCGではなく、坑道内へのプロジェクションマッピングが行われている箇所もあります。CG表示のクリスタルなどと合わさると更に美しい風景になります。

4つの”金光石”にパワーを送り込んだら、最奥に開いている異世界ゲートに到着。今まさに現世界に出現しようとしつつある魔物とアウルーの戦いが始まります。ここから先は実際に体験されてのお楽しみ。

 

 このアトラクションは、お台場のTyffoniumのVRアトラクションを開発、運営しているTyffon社が開発しています。ゲーム性よりもアート性が主体のアトラクションですので、淡々とコースを進んで行くのはもったいないです。時間制限は特にありませんので(混雑時は除く)、気になる場所では前後左右を見回して細かい場所までじっくりと見ながら体験することをお勧めします。

 

 MRグラスは、現実とCGが厳密にリンクしていないと、没入感が阻害されてしまうのですが、この『ISLAND MIRRORGE』では、これまで体験した他のMRアトラクションに比べるとズレはかなり少ないように感じました。それでもどうしても進行中微妙なズレは起こるのですが、”金光石”にパワーを送り込む時に、そのズレを再調整しているようでした。

 

www.island-mirrorge.com

『ISLAND MIRRORGE』で歩く坑道は、「宗太夫坑」とは別の、明治以降に採掘されていた「道遊坑」を使用。体験終了後は、近代採掘機器の展示エリアや、効率よく採掘するために山を丸ごと割ってしまった「道遊の割戸」もこのコースで見学できます。

f:id:netanker:20210425113912j:plain
f:id:netanker:20210425113909j:plain

f:id:netanker:20210425113905j:plain

 

帰りもタクシーで佐和田バスステーション。そこから本線バスで両津港方面に戻り、今回のお宿は椎崎温泉ホテルニュー桂。

f:id:netanker:20210425123721j:plain

加茂湖が一望できるお宿でした。

ホテルニュー桂 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/15276/15276.html

 

 

新潟旅行①:佐渡汽船カーフェリー〜トキの森公園 - ねおあみ日記

新潟旅行③:上越市立水族博物館 うみがたり〜糸魚川ヒスイ海岸 - ねおあみ日記

新潟旅行④:糸魚川駅〜フォッサマグナミュージアム - ねおあみ日記

新潟旅行⑤:えちごトキめきリゾート『雪月花』 - ねおあみ日記