読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

0日目・計画と申し込み

 個々最近、日本でも豪華客船の旅が話題になりつつあるようで、旅行ガイド書籍もだんだんと増えてきています。先日なんとなく手にとったエッセイ漫画『クルーズはじめました!』(くぼこまき著)もそのひとつ。

 この本を読んだり、その後色々とネットで調べてみると、日本のクルーズ船(飛鳥IIや、ぱしふぃっくびいなす)は高級で手が届かないのですが、外国船籍の船ならカジュアルなものもあるので案外手軽に利用できることがわかりました。
(船のクラスはおおまかに、カジュアル・プレミアム・ラグジュアリの3ランク。船が大きいほどカジュアルな場合が多いようです)
 また、日本ではHISが一番クルーズ旅行に力を入れていて、HISと子会社のクルーズプラネットが共同で日本人向けのカジュアル船チャータークルーズを去年から始めています。
 今回利用するのは、そのHISによるイタリア船「コスタ・ビクトリア」。ただし、費用とスケジュールの都合で全工程5泊6日のうち、行きの3泊4日だけを利用し、帰りは飛行機というプランを選択しました。このプラン、あまりパンフレットなどには載っていないのですが、WEBで調べると見つかります。
 費用は、2名利用で1名当たり基本料金が\49,800-(内側クラシック・一番安い窓なしの部屋)。ただし、別途港湾使用税と税関費用、船内チップがかかります(帰りの航空券は含まれています)。
 今回は、\5,000追加して少しだけ良い「内側プレミアム」を選択しました。
 税金などの諸費用全てあわせても、2人で15万円以内におさまっています。GW期間中であることを考えると、それほど高いものでは無いです。

 4月頭に福利厚生のWEB申し込みを通じて予約と入金。クルーズ船の場合は他の旅行と違って、1月前から60%とという高いキャンセル料がかかるので、そこだけは要注意(取消料専門の任意保険があるくらいです)。

→目次に戻る