ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

2011年6月海外旅行序章(おおむね3月〜5月分)

 今の勤務先に就職してから10年が過ぎ、今年度は「永年勤続休暇」を取得できることとなった。旅行補助のための旅行券も貰える。
 折角の機会なので、旅行に行こうと決意する。
 日程を先に6月中旬と決め、何処に行こうかと検討。

【検討候補】
その1:オーランド
 テーマパークマニアとしては、ディズニーワールドやユニバーサル・スタジオ、シーワールドなどが集中するオーランドは一度は行きたいエリア。しかし、補助があるとはいえかなり費用がかかる(テーマーパーク地域のホテル物価は高すぎる)。
 また、今でなくても逆に今後子供が出来てからの方が、楽しめるのではないかと言う考えもあり、将来にとっておくことにする。

その2:香港
 香港ディズニーランドもあり、街自身楽しいエリアである。ただ小さい街なので、実は2泊3日くらいでも充分楽しめる。もう少し、気楽に普通の休みで行けば良いと考えた。

その3:マチュピチュ
 最近になって、テーマパークという「作られた非日常感」だけではなく、「本物の非日常感」も体験したいという気持ちも出てきている私(たぶん、そのきっかけは沖縄で行った今帰仁城址跡だと思う)。
 ちょうどTVではマチュピチュが紹介されていて、一度は行ってみたいという気分も高まっていたところ。ただ、マチュピチュには費用もさることながら、同行する妻は呼吸器系が弱いので、富士山頂より高いマチュピチュはちょっと危険。もし行くのなら、身体を慣らすために10日位かけて行く必要があると思い、今回はパス。

その4:アンコール遺跡
 マチュピチュほどではないが、やはり一度は見てみたい遺跡。
 東南アジアなので以外に旅費も高くない。最終的に目的地はここに決定。早速様々な情報を集め始める。