ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

ダイエット食品

 発見ではなく仮説で、実際に色んなものを試したわけでは無いので、本当かどうかは解りませが。

「ダイエット食品は微妙に不味い方が役に立つ」ような気がする

 普通の食品は、当然美味しいものが売れる(値段にもよるけれど)。でも、ダイエット食品は美味しいものは売れないのではないか。
 なぜなら、美味しいと食べ過ぎるから(笑)。
 膨張させて満腹感を与えるタイプのものもあるけれど、長期に渡ってそれの美味しいダイエット色を食べていたら、たぶん身体はその美味しいものをより沢山吸収できるように反応して胃が大きくなってしまうのではないだろうか。

 かといって不味すぎるのも売れない。それは当然「こんな不味いもの食ってられるか」と身体が拒否反応を示してしまって続かないから。

 微妙に不味い位なら、「不味いけどダイエットのためだ、がんばろう」と我慢できて効果が高まるのでは無いか。そして不味いから必要以上には食べない。

 その人のがんばりの気持ちによって、ベストな不味さというのがありそうです。