ねおあみ日記

アミューズメント施設や旅行に行った時の日記を掲載しています

超・恐くない話

 『「超」怖い話』といえば、原稿校了直後に作業PCが吹き飛ぶなど(参考 http://d.hatena.ne.jp/azuki-glg/20060119/1137611387 )、怪奇現象に近い自体に遭遇しながらも無事に発売され、安定した人気を保っている書籍ですが、全く逆に「超。恐くない話」といえば、『怪奇大家族』。
 今度2月にチャンネルNECOで放送するのですが、サンプルを見たところ、これが本当に面白かった。2004年にテレビ東京系の深夜に放送されただけなので知名度はあまりないですが、お勧めです。
 なんといっても、作っている人たちはホラー映画の第一人者。「一線を越えたらギャグになる」というホラーの危険な一線をあえて全部踏み越えて作っています。

 そんな作品の解説を今仕事のblogに書きました。ぜひ読んで、ぜひご覧下さい。